ガードナー昇格で崖っぷち、ペトルッチ「今年でキャリアが終わっても悔いはない」

テック3・KTMのダニーロ・ペトルッチは、2021年シーズンでMotoGPを去ることになったとしても後悔はないと語った。

ガードナー昇格で崖っぷち、ペトルッチ「今年でキャリアが終わっても悔いはない」

 MotoGP2021年シーズンは前半戦のうち6戦を終えた段階にすぎないが、既に2022年シーズンに向けた動きが明らかになりつつある。

 6月初旬、KTMは2022年シーズンに向けたライダーラインアップの一部を発表。ブラッド・ビンダーとの契約を延長し、さらにテック3には現在Moto2でポイントリーダーのレミー・ガードナーを昇格させることを明らかにした。

Read Also:

 現在テック3に在籍しているダニーロ・ペトルッチとイケル・レクオナはどちらも苦戦が続いており、彼らの残留は厳しいという見方が強い。

 ペトルッチの今季ベストリザルトは、雨となったフランスGPでの5位。彼は来シーズン以降もMotoGP参戦を継続することを希望しているが、今年限りでMotoGPキャリアが終わったとしても、後悔はないと語っている。

「自分の影に隠れることはできないし、状況はしっかりと理解している」

 KTMが自分の実力を証明するための時間を十分に与えていたと感じるかと訊かれたペトルッチは、そう答えた。

「そんなに悔いはないと言っておこう。僕はこの1年間、自分の持てる限りのものを見せてきた」

「MotoGPに来たのは21歳のときで、スーパーストックシリーズからだった」

「ここ(MotoGP)に留まるために何でもしてきた」

「面白いのは2015年以降、僕は常に1年契約だったってことだ。複数年契約を結んでいる他のライダーとは違って、僕は常に契約を更新する必要があった」

「僕は年長ライダーのひとりだから、MotoGPを去ることになっても悲しむことはできない」

「僕は常に全力を出してきたし、もしそれが十分じゃなかったとしても、僕は幸せだ。これ以上のものはない」

 ペトルッチはガードナーのMotoGPクラス昇格に関しては、「当然のことだ」と評価。自身の今後の身の振り方については、KTMとテック3とはまだ交渉を行なっていないと明かした。

 また彼はスーパーバイク世界選手権への転向などについても訊かれると「いや、まだ誰とも話し合っていないんだ」と答え、更に次のように続けた。

「僕の将来は、自分の手にかかっている。僕はもっと速くなれるし、速くなりたい。それが可能だと知っているんだ」

「でも今のところは苦戦してしまっている。だけど目標はひとつで、KTMと(MotoGPを)続けていくことだ」

「そうできなかった時だけど、スーパーバイクに行くことは考えていない」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPカタルニアFP2:ザルコ僅差でモルビデリ抑え首位。中上貴晶は11番手タイム

前の記事

MotoGPカタルニアFP2:ザルコ僅差でモルビデリ抑え首位。中上貴晶は11番手タイム

次の記事

ビニャーレス、慣れない新チーフとの初日に「落ちついた1日だった」と好評価

ビニャーレス、慣れない新チーフとの初日に「落ちついた1日だった」と好評価
コメントを読み込む