焦らずじっくり……契約延長にペトルッチ自信「最新マシンは僕のモノ」

シェア
コメント
焦らずじっくり……契約延長にペトルッチ自信「最新マシンは僕のモノ」
執筆:
協力: Matteo Nugnes
2019/01/21 9:51

ダニーロ・ペトルッチは自身が2020年のドゥカティ残留に値すると示すことについて、焦る必要はないと考えているようだ。

 今シーズン、Mission Winnow ドゥカティ・チームに昇格するダニーロ・ペトルッチ。ただ、彼の契約は2019年の単年となっていて、2020年のシートに関して安心できる状況ではない。

 ドゥカティのスポーティング・ディレクター、パオロ・シアバッティは、ペトルッチはドゥカティが正しい決定を行ったと証明する必要がある、と昨年motorsport.comの取材に語っている。

 また、シアバッティはジャック・ミラーとフランチェスコ・バニャイヤのふたりがペトルッチの後任としてドビツィオーゾのチームメイトになることが可能だ、とも強調している。

 ドゥカティの2019年シーズン参戦体制発表の場で、ペトルッチに2020年の契約継続に向けて直面しているプレッシャーについて尋ねると、彼はこう答えた。

「契約については毎シーズン重要で、(ドゥカティとの契約はあったが)去年も同じように重要だった」

「もちろん、今シーズンの1年契約は僕をリラックスさせてくれるものではない。でも、僕はMotoGPにデビューしてからずっと、落ち着けるような機会は無かったんだ」

「僕は自身がファクトリーライダーになれると証明しなければならなかった。次の年も同じだ。(各ライダーの契約が切れる)来シーズンは(2021年に向け)他のどのライダーも同じ状況になる。だから、今年が僕にとって重要になる」

「昨シーズンの契約締結のように急ぐ必要はないので、少し時間があるかもしれない。なぜならトップライダー達は既に(2020年の)契約を交わしていているからだ。だから、僕は最初から自分のパフォーマンスに集中することができる」

 ペトルッチは昨シーズン、キャリア最高となる144ポイントを獲得している。彼は今シーズンも好成績を残すことができれば、ドゥカティを納得させ、ファクトリーチームから継続参戦できると確信していると付け加えた。

「ミラーとバニャイヤがファクトリー仕様のマシンを欲しがっているのは分かっている。これは秘密でも何でも無いことだ」

 彼はそう認めている。

「それでも、今シーズンは僕のものだし、来シーズン以降もまた僕のマシンであってほしい」

「ミラーとバニャイヤは速いライダーだ。とりわけミラーは良いヤツで、彼と一緒にプラマックで過ごした昨シーズンは本当に楽しかった。バニャイヤも本当に速いライダーで、プレシーズンテストでも印象的な走りをしていた」

「だが、僕自身もベストを尽くし、毎年結果を改善していくことができる。だから、そうして改善を続けていけば、トップに立てる。僕はそう願っている」

 ドゥカティのゼネラルマネージャー、ジジ・ダッリャーニャは、ペトルッチの今シーズンの目標は少なくとも1勝と、毎レース表彰台を争うことだと語る。

「過去のレースを見てペトルッチが本当に上手くやったと思うのは、フランスGPとムジェロGPだ。だが私は、彼が私のことを驚かせ、今までよりも更に良くなることを願っている」

 と、ジジは付け加える。

「これはペトルッチにとっては大きなチャンスだ。人生においてチャンスを得た際、それを最大限に活かすために自身の全てを賭けなければならない。ペトルッチは既にこの考えを持っていると私は思う」

「彼が最大限の結果を得られるよう、できる限りペトルッチを支援していくつもりだ」

 ダッリャーニャはそう締めくくった。

次の記事
ホルヘ・ロレンソ、左手首を手術へ……セパンテスト参加に黄信号?

前の記事

ホルヘ・ロレンソ、左手首を手術へ……セパンテスト参加に黄信号?

次の記事

ホルヘ・ロレンソ、左手首手術が成功……復帰は2月末カタールテストか?

ホルヘ・ロレンソ、左手首手術が成功……復帰は2月末カタールテストか?
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ダニーロ ペトルッチ
チーム Ducati Team 発売中
執筆者 Jamie Klein