シート危うしペトルッチ、“ダメ”なら2022年以降はラリー転向? ダカール・ラリー出場が目標

テック3・KTMのダニーロ・ペトルッチは、仮に2021年限りでMotoGPを離れる事になった場合は、ラリー競技へ転向し、ダカール出場を目指すことが目標だと語った。

シート危うしペトルッチ、“ダメ”なら2022年以降はラリー転向? ダカール・ラリー出場が目標

 2021年シーズン、昨年まで在籍したドゥカティからテック3・KTMに移籍したダニーロ・ペトルッチ。しかし彼は、2021年限りでそのシートを失うのではないかと考えられている。

 KTMは6月初頭に2022年シーズンのテック3のライダーとして、現在Moto2クラスを戦っているレミー・ガードナーを起用することを発表。そしてラウル・フェルナンデスのMotoGPクラス昇格も予想されているため、ペトルッチとチームメイトのイケル・レクオナの立場は厳しいものになっていると考えられるようになった。

Read Also:

 ペトルッチによると、彼はまだKTMと来シーズンのことに関して話し合いを行なっていないという。そして、仮に今シーズン限りでシートを喪失した場合にはラリー競技への転向し、ダカール・ラリー出場を目指したいと、今後についての考えを明かした。

 なお彼がスーパーバイク世界選手権(WSBK)への転向に消極的な理由としては、大柄な体躯とその体重によって引き起こされる問題が、市販車ベースで争うWSBKではより顕著なものになると考えているからだと説明している。

「まず第一に、僕はKTMと一緒にレースをすることを望んでいるし、できるだけ長く続けたいと思っている。彼らにはとても大きなチャンスを貰っているんだ」

 motorsport.comの独占インタビューに応えたペトルッチは、そう語った。

「その一方で、僕の長所でもあり短所でもあるんだけれど、正直に言って競争力が発揮できないと楽しく感じられないんだ。それでは僕にとってもKTMにとっても良いことじゃない」

「MotoGPの誰とも話はしていない。それにMotoGPを続けたいなら、僕はKTMに留まることを希望する」

「それからWSBKでも話はしていないんだ。僕の身体の大きさと体重で起こされる問題は、今よりもっと大きくなってしまうだろうからね。試したいとは思わないよ」

「前からやってみたいと思っていたことは完全に別のカテゴリーへ転向することだった。僕のキャリアは他に無いものになってきているんだけど、ラリー競技に行ってみたいと本気で考えている。オフロードも得意だし試してみたい」

「ナビならもう試したんだ。そして速く走れないとしても、少なくとも長く走ることはできる」

「僕はMotoGPでは結構年寄りなほうだけど、2輪ラリーではそこまでではないし、まだ学ぶ時間はある。試してみたいんだ」

「僕の将来がどうなるか、様子を見てみよう。でも現時点では、僕はここ(MotoGP)で争うことを望んでいるのは確かだ」

 また、“ダカール・ラリー出場”という夢は実現できるかと訊かれるとペトルッチは次のように答えた。

「それが僕の目標だ。15年前に話したなら誰も信じてはくれなかっただろう。皆は僕にスーパーストックのバイクに乗るチャンスを与えてくれていたからね」

「それから15年。僕はMotoGPで勝った。また変化のチャンスはあるだろうし、何かサプライズを起こせるかもしれない」

 

Read Also:

シェア
コメント
中上貴晶「セクター1を改善すればトップ3のチャンス」マルケス使用の新型カウルは投入見送り
前の記事

中上貴晶「セクター1を改善すればトップ3のチャンス」マルケス使用の新型カウルは投入見送り

次の記事

ロッシの現状、マルケスには理解不能? 上位争い“不可”なら「考え直す時期」

ロッシの現状、マルケスには理解不能? 上位争い“不可”なら「考え直す時期」
コメントを読み込む