PP獲得のビニャーレス「ライディングスタイルの変更が重要だった」

MotoGPサンマリノGPのポールシッターであるマーベリック・ビニャーレスは、ライディングスタイルの変更が”とても重要”だったと語る。

 MotoGPサンマリノGPのポールシッターであるマーベリック・ビニャーレスは、ライディングスタイルの変更が”とても重要”だったと語る。

 ビニャーレスはヤマハの2018年プロトタイプシャシーを駆り、前戦シルバーストンでは2位に入賞。そしてここミサノでも速さを見せている。

 バレンティーノ・ロッシが怪我により今回のレースを欠場することになったため、ビニャーレスはプロトタイプシャシーを2台のバイクに使うことができた。そして、7戦ぶりのポールポジションを獲得した。

 ビニャーレスは今回、シルバーストンとは異なったライディングスタイルを試したと説明した。そして、その変更は本当に重要な”改善”をもたらしたという。

「僕がうまく乗ることができれば、シルバーストンと同じように、ポールポジションを狙えることは分かっていた」

 そうビニャーレスは語った。

「シルバーストンでは、僕は僕のやり方で乗った。アグレッシブに、ラップタイムを稼ごうとしたんだ。でも今日はスムーズに乗ることを心がけた」

「僕らは改善すべきことをいくつか見出せたと思う。特にライディングスタイルは本当に重要なことだった」

「でも、バイクもレースごとに改善されている。まだ改善の余地があることについて、嬉しく思っている。そして今日はチームも素晴らしい仕事をしてくれた。だから感謝しているんだ」

「今日、バイクは本当によく働いてくれた。特にFP4ではね。バイクが進歩していることについて、僕は満足している」

クラッシュしたマルケス、3位に「ハッピーだ」

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、予選を3位で終えた。この結果についてマルケスは、「幸せだ」と語る。

 マルケスは予選終盤にクラッシュを喫し、タイムアップするチャンスを逃してしまった。にもかかわらず、フロントロウの一角を確保することができた。

「僕はポールをかけて戦うと信じていた。最初のタイヤはとても良い感じだったんだ。そして2セット目のタイヤでは、その感触はさらに良くなった」

 そうマルケスは語った。

「でも、僕はコースの赤い部分に触れてしまった。ワイドに膨らんでしまったんだ。僕は”大丈夫、コントロールできている”と期待したんだ。でも、白線に触れるとすぐに、フロントを失ってしまった」

「でもそれとは別に、バイクのフィーリングはとても良いから、満足している。僕はマーベリックやアンドレア(ドヴィツィオーゾ)と同じようなペースを持っているように見える。だから明日は非常に接近したレースになるだろう」

「FP3では本当に良い感触だった。おそらくFP4では気温が上がったので、少しばかり苦労した。でも明日(決勝)はもう少し涼しいコンディションになると思う。それは、僕らにとって助けになるね。しかし中古タイヤでのリズムは良かった」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 サンマリノGP
サブイベント Saturday qualifying
サーキット ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー マルク マルケス , マーベリック ビニャーレス
チーム Repsol Honda Team , Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース