プラマック、ヤマハ陣営入りの2025年はアンドレア・イアンノーネを起用? チームオーナーが可能性示唆

2025年からMotoGPでヤマハのサテライトチームとなることが決まったプラマックだが、ライダー候補にアンドレア・イアンノーネが浮上している。

Andrea Iannone, Team Go Eleven

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 MotoGPの2025年シーズンからヤマハのサテライトチームとなるプラマックのライダー候補のひとりとして、アンドレア・イアンノーネが挙げられている。

 長年ドゥカティ陣営のサテライトチームとして活動してきたプラマック。彼らは2024年を最後にその関係を終了させ、2025年シーズンからはヤマハ陣営へ移ることが発表された。

 プラマックはヤマハからファクトリーマシンの供給を受けることが既に明らかにされているが、まだライダーラインアップについては判明していない。

 ただプラマックのチームオーナーであるパオロ・カンピノッティは、ドゥカティ時代と同じように「若手をサポートするチーム」をヤマハでも続けていきたい意向をGPOneに対して明らかにしている。

「我々はイアンノーネ、(ジャック)ミラー、(ダニーロ)ペトルッチ、(フランチェスコ)バニャイヤ、そして(ホルヘ)マルティンと、若手のサポートを続けてきた」

「タイトル争いが非常に接近していたとしても、我々はタイトルを争うために生まれてきたわけではないんだ。今年も(タイトルに)挑んでいくつもりではあるがね」

「そしてヤマハへ行っても、我々はこの使命を継続していくつもりだ」

 その一方で、2019年終盤までMotoGPに参戦していたものの、ドーピング疑惑によってそのキャリアを絶たれたアンドレア・イアンノーネ(2024年に出場停止処分が解除。WSBK参戦中)を起用することも考えられているという。カンピノッティは次のように語った。

「イアンノーネについて話すと、私の心が動かされる。アンドレアとは話をしていて、ヤマハで彼のテストを企画するつもりだ。その後、どうなるか見てみよう」

「簡単なことではない。今のMotoGPは厳しい場所だし、若いライダーも本当に優秀だ。しかし、様子を見てみよう」

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 アレックス・マルケス、グレシーニと契約延長。2026年までチームに残留「僕の目標は常にベストに近づくこと」
次の記事 タイヤ内圧違反で10位に落ちたマルケス、不可抗力を主張。将来的にはFIMがルール見直しか?「検討の余地があると言われている」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本