MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

プラマック、MotoGP2021シーズンの参戦体制を発表。ザルコ&マルティン迎え布陣一新

MotoGPに参戦するプラマックが2021年シーズンに向けた体制発表を実施。今季はライダーラインアップを一新し、ヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンのふたりで挑む。

プラマック、MotoGP2021シーズンの参戦体制を発表。ザルコ&マルティン迎え布陣一新

 プラマックはMotoGPの2021年シーズンに向けたチームローンチイベントを実施。新たにチームへ加入したヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンのふたりが、新カラーリングのマシンとともに姿を見せた。

【ギャラリー】プラマック・レーシング MotoGP2021年チームローンチイベント

 今シーズン、プラマックはライダーラインアップを一新。ドゥカティファクトリーチームへ昇格するジャック・ミラーとフランチェスコ・バニャイヤの後任として、ザルコと2020年シーズンにMoto2でランキング5位となったホルヘ・マルティンを起用した。

 ザルコは2019年にKTMを離れ、2020年にアビンティア(エスポンソラマ)に加入。ドゥカティ陣営に加わった初年度から速さを発揮しファクトリー昇格をバニャイヤと争った。

 マルティンは2018年にMoto3クラスでタイトルを獲得すると、2019年にMoto2クラスへステップアップ。昨シーズンは2勝を含む6回の表彰台獲得を記録している。

 ザルコ及びマルティンはドゥカティとの直接契約となっており、今季は最新型マシンとなるデスモセディチGP21を駆る。

 プラマック代表のパオロ・シャンピノッティは発表に際し「2021年の準備は整った」とコメント。さらに次のように続けている。

「今年は我々プラマック・レーシングのMotoGPでの20年目ということで、非常に重要な1年だ」

「楽しいというところから始まったことを考えれば、今我々が非常に強力なチームに成長していることは、素晴らしい成果だろう。今年もそれを維持していくことを期待している」

「この特別な年を、4人のライダーと祝うことができるのはとても幸福なことだ。2020年は、ペッコ(バニャイヤ)とジャックをドゥカティファクトリーチームへ送るという大きな成功があった」

「それと同時に、ふたりの素晴らしいライダーを迎えられることを嬉しく思う。ホルヘ・マルティンとヨハン・ザルコだ。マルティンは恐ろしい才能を持ったルーキーであり、ザルコには多くの経験が備わっている」

「一方は若いエネルギー、そしてもう一方には経験という完璧な組み合わせとなるだろう。私は今季が傑出したシーズンになるだろうと信じているよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
マルケス、開幕戦復帰の希望は捨てず? 2020年の負傷は「良い経験」と総括

前の記事

マルケス、開幕戦復帰の希望は捨てず? 2020年の負傷は「良い経験」と総括

次の記事

マルク・マルケス、負傷で長期離脱も、“レース生命の危機”を感じたことは無し

マルク・マルケス、負傷で長期離脱も、“レース生命の危機”を感じたことは無し
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
チーム Pramac Racing
執筆者 Lewis Duncan