MotoGP Pramac Racing launch

プラマック・レーシング、2023年MotoGP戦うカラーリングを発表。今季もドゥカティからのファクトリーサポート継続

プラマックは、2023年のMotoGPで使用するドゥカティ・デスモセディチのカラーリングを発表した。

Johann Zarco, Jorge Martin, Pramac Racing

 MotoGPに参戦するプラマック・レーシングは、2023年シーズンを戦うドゥカティ・デスモセディチのカラーリングを発表した。

 ドゥカティのサテライトチームであるプラマックは、ヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンの布陣で2022年シーズンに臨んだ。ふたりはそれぞれ4度の表彰台を獲得して、チームランキングは非ワークスチーム最上位の4位となり、ドゥカティのコンストラクターズチャンピオン獲得に貢献した。

 プラマックは2023年もドゥカティのサテライトチームとして活動。そしてドゥカティ唯一のカスタマーチームとして、ファクトリーサポートを受けることとなる。またラインアップに関しても、ザルコとマルティンで継続となる。

 イタリアで行なわれたローンチイベントでプラマックは、2023年シーズン仕様のマシンカラーリングを公開。昨年途中からプリマとタイトルスポンサーシップを結んだことで赤、紫、白のカラーリングを採用しているプラマックだが、新たなカラーリングも配色こそ微妙に異なるが、ほぼ昨年と同様となっている。

→【ギャラリー】プラマックの2023年仕様カラーリング

 昨シーズンは上位争いを展開するも、未勝利に終わったプラマック。ザルコとマルティンは、ややアグレッシブな出力特性のエンジンをデスモセディチGP22に搭載してシーズン開幕を迎えたが、このエンジンはファクトリーチームが使用を見送ったものだった。こういったことも結果に大きく響いたと思われる。

 現在のMotoGPではファクトリーチームとプラマックの他、グレシーニ・レーシング、VR46と実に4チームがドゥカティ陣営となっているが、グレシーニとVR46に関しては型落ちとなる2022年仕様のバイクで今シーズンを戦う予定だ。

 2023年シーズンの開幕に向けては、各チームが続々とカラーリング発表を行なっている。ヤマハファクトリーチームを皮切りに、グレシーニとドゥカティファクトリーチームもすでに発表を終えており、プラマックは4チーム目となる。今後はKTMファクトリーチームが26日(木)に2023年仕様のカラーリングを公開する予定だ。

 なお今シーズンの公式セッションは2月中旬からスタートする。2月10日〜12日にかけてはマレーシアでプレシーズンテストが実施され、3月11日〜12日にはポルトガルで2回目のテストが行なわれた後、2週間後に同地でシーズンが開幕する。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 バニャイヤ、MotoGP王者の証”1”を選択も「驕ってはいけない」と自分に戒め。【1番は連覇できず】の呪いを跳ね除けられるか?
次の記事 マルケス、レッドブルのアスリート向け施設を訪問。過去4回手術の右腕も回復良好か

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本