MotoGP インドGP

クアルタラロ、久々の表彰台獲得も「フラストレーションが溜まる」VSマルティンの敗北に不満

ヤマハのファビオ・クアルタラロはMotoGPインドGPで久しぶりに表彰台を獲得したが、プラマックのホルヘ・マルティンとのバトルに勝てなかったことでむしろフラストレーションを感じてしまっている様子だ。

Fabio Quartararo, Yamaha Factory Racing

 ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGPインドGPで久しぶりの表彰台を獲得した。しかしレース内容に彼は不満を抱いている。

 ヤマハは今シーズン、なかなか上位を争うことができない厳しい状況に置かれており、インドGPでは久々に好調な走りを示すことができた。クアルタラロはスプリントレースで6位となり、決勝ではライバルの転倒などによるアドバンテージはありつつも3位に入り、アメリカズGP以来となる表彰台を獲得した。

 クアルタラロはレース終盤、2番手を走るホルヘ・マルティン(プラマック)がライダースーツのトラブルによってペースを落とすシーンがあり接近。さらにラストラップのターン4でマルティンがオーバーランを喫したことで、一時は2番手に浮上した。

 ただクアルタラロはすぐにポジションを取り返されてしまい、終盤のコーナーでも抑えられてしまったことで、クアルタラロは3位フィニッシュになった。

 クアルタラロはフィニッシュ後に悔しさをにじませるジェスチャーを見せたが、これはヤマハ自身に向けたものだったという。

「正直、彼がターン6に向けて僕を追い抜いていったときには、明らかに僕のタイヤの左側が終わっていて、僕は何もできなかった」

「ターン10に向けてまだ粘ったけど、グリップもブレーキングも相当厳しくて、止まれなかった」

「そうして僕は3位でフィニッシュした。このコースで僕らは加速、トップスピード、グリップといった要素でタイムをかなりロスしてしまっていると、ちゃんと分かっている」

「だから彼らと戦うためにはハードワークが必要なんだ」

「フラストレーションが貯まるのは、できる限りベストなコーナー脱出を試みていたのに、彼らは持ち前のグリップで抜き去っていくんだ。できるだけ早く解決策が見つかることを期待しているよ」

Fabio Quartararo, Yamaha Factory Racing

Fabio Quartararo, Yamaha Factory Racing

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 なおクアルタラロはグリップの問題もあり、インドGPでは3位が精一杯の結果だったと考えている。そして、ヤマハは今後同様の状況で、同じような結果を引き出すために”賢く”なければならないと話した。

「素晴らしい週末だったよ。特に予選でのペースはね」とクアルタラロは言う。

「だから今週末については結構満足している。今年はもっとこの調子でやれたら良いんだけどね」

「僕らはクレバーになることが必要だし、小さなチャンスがあればすぐに、今回のような結果を出すためにもそれを掴む必要があるんだ」

「ブレーキングで僕はかなり苦戦していた。特に左コーナーでだ。でも今回の表彰台はハッピーだと思わないとね」

「腕上がりなのか何なのかわからないけど、ターン10/11でマルティンが何か変なことをしていた(開いたジッパーを戻していた場面)から、それで最後までプッシュしようとしたんだ」

「でもタイヤもフィーリングも限界だった。これが今週末僕らにできる最善の結果だったよ」

 

前の記事 ベッツェッキ、インドGP独走勝利の鍵は初日のオーバーラン祭り? 「限界を掴んだことがチャンスになってくれた」
次の記事 バニャイヤ&ピッロがイタリア大使館に降臨! MotoGP日本GP必勝祈願しダルマの開眼行なう

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本