クアルタラロ「2021年型は“自然”な感じには乗れなくても速い!」前半前4勝でどこでも強いと自信つける

ヤマハのファビオ・クアルタラロは2021年型YZR-M1について、自分にとって自然ではないライディングが求められているものの、それが上手く機能していると語った。

クアルタラロ「2021年型は“自然”な感じには乗れなくても速い!」前半前4勝でどこでも強いと自信つける

 MotoGP2021年シーズンは前半9レースを終え、サマーブレイクに入った。現時点でチャンピオンシップをリードしているのはヤマハのファビオ・クアルタラロで、ランキング2番手のヨハン・ザルコ(プラマック)に34ポイント差をつけている。

 クアルタラロは前半戦で4勝を挙げるなど、既に2020年シーズン(3勝)よりも優れた結果を残している。

 昨シーズン、彼は開幕戦となったスペインGPでMotoGP初優勝を挙げると、連戦のアンダルシアGPでも勝利。チャンピオンシップを率いる存在になると思われていたが、その後は彼自身も認める一貫性の欠如によって、順位を落としていった。

 そして2021年シーズンに向け、ヤマハは特にマシンのフロントエンドの改善に取り組んできた。結果としてクアルタラロは好リザルトを残しているが、彼によると2021年型マシンを乗りこなすには、ライディングスタイルを“自然ではないもの”に改める必要があったという。

「どのライダーも、それぞれのバイクに適応する必要があると思う」

 motorsport.comのインタビューに、クアルタラロはそう答えた。

「僕は去年とは違った乗り方をしていて、それは全然自然なモノじゃない。だけど上手く機能しているんだ」

「限界点を感じることができるし、速く走れるとも感じられる。そして現時点ではそれが凄く上手くいっていると思う」

「2019年と同じで、今はバイクに物凄く集中できていると感じられているんだ。だから上手くいっているんだと思う」

 “自然ではないライディングスタイル”……それは一体どんなものなのか? その点を訊かれたクアルタラロは、次のように付け加えている。

「普通、僕はコーナリングスピードをより追求していくライダーだ。でも今は少しだけ野獣のようになろうとしている。ブレーキングをなるべく遅らせたり、少し違った方法で乗ろうとしているんだ」

「ドイツ(ザクセンリンク)にあるようなコーナーでは、もっと速く走ろうとすることもできる。でもそれでは、バイクは曲がってくれない。もっとコーナーを抜けた後のことについて考えた、別の乗り方を必要としているんだ」

「いくつかのトラックではこうした事が起きる。だから完全に自然ではないにしても、適応する必要があるんだ」

「あるコーナーで遅くなっていても、別のコーナーでは速くなっている」

「自然なことでも簡単なことでも無いけど、バイクを理解するとより速く走れるし、簡単に速く走れるんだ」

 クアルタラロはシーズン前半戦を振り返り、ヤマハがどのサーキットでも速さがあると考えていると語った。

「ああ、素晴らしいシーズンになっている」と、クアルタラロは言う。

「ヘレスとバルセロナでは、腕上がりとレザースーツの問題という残念なトラブルもあった。だけど僕らはどのサーキットでも速さがある。苦戦していたドイツや、雨のル・マンでも表彰台を争うことができた」

「シーズン前半戦について言えば、僕はかなり満足している」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1&MotoGPオーストラリアGP、まもなく開催中止発表か。入国規制の問題解決できず
前の記事

F1&MotoGPオーストラリアGP、まもなく開催中止発表か。入国規制の問題解決できず

次の記事

F1&MotoGPオーストラリアGP開催中止が正式発表。F1は全23戦維持を主張、MotoGPはポルトガル戦追加へ

F1&MotoGPオーストラリアGP開催中止が正式発表。F1は全23戦維持を主張、MotoGPはポルトガル戦追加へ
コメントを読み込む