ビニャーレスとライバル関係は強烈に? クアルタラロ「ロッシ-ロレンソみたいな関係に」

2021年にヤマハファクトリーチームへ加入したファビオ・クアルタラロ。彼はチームメイトとなるマーベリック・ビニャーレスとの間に、かつてのバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソのようなライバル関係を築いていきたいと考えている。

ビニャーレスとライバル関係は強烈に? クアルタラロ「ロッシ-ロレンソみたいな関係に」

 MotoGP2021年シーズン、ヤマハは新たにファビオ・クアルタラロを迎え入れ、マーベリック・ビニャーレスとのコンビで王座奪還を目指す。そしてクアルタラロはチームメイトとの間で、かつてヤマハで激しく争ったバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソのようなライバル関係を築いていきたいと考えているようだ。

 クアルタラロが指摘しているロッシとロレンソのライバル関係。それはかなり激しいもので、彼らはガレージ内に壁を作り、データ共有も拒否するという事態にも発展していた。2015年にはふたりがタイトルを直接争ったことでさらにヒートアップしてしまい、両者には険悪なムードが漂っていた。

 2月15日に行なわれたヤマハのチームローンチイベントで、クアルタラロはビニャーレスとの関係についてどう考えているかを問われた。するとクアルタラロはかつてのロッシ、ロレンソのようにタイトルを争っていきたいと話した。

「マーベリックとは、バレンティーノとロレンソのような関係になれればと思う。彼らは最終戦までタイトルをワンツーで争っていたしね」

「僕はチャンピオンを勝ち取ったロレンソを継ぎたいと思っている。でもマーベリックとはいい関係だよ。僕らは一緒にうまくやっていくことができると思うし、ヤマハを頂点につれていくことも可能だと思ってる」

 クアルタラロは昨シーズン、第2戦スペインGP、第3戦アンダルシアGPで連勝を記録し、タイトル獲得にも期待がかかった。しかし成績は乱高下してしまい、最終的にはランキング8位に留まった。その際、彼のプレッシャーに対するマネジメント能力には疑問の声も上がっていた。

 だがクアルタラロはファクトリーチーム昇格のプレッシャーをネガティブには捉えていないようで、ペトロナス・ヤマハSRT時代よりも自身のバイクに対する要望の方向性をよりダイレクトに伝え、より良くしていくことができると考えているという。

「まず第一に、ファクトリーチームへ入るというのはある種のプレッシャーが更にかかることになる。だけどサポートもより受けられるようになるんだ」と、クアルタラロ。

「テストをすれば、より自分のためのバイクを開発していける」

「ペトロナスに居る時も不足はなかった。だけどテストではパーツなどが機能するか、そうでないかの判断をするだけだ。でもファクトリーチームでなら、『これをもっと良くするために修正する必要がある』と言えるんだ」

「ファクトリーではそうした変更もできるし、ライダーのためにベストを尽くそうとしてくれる」

「もしかすると僕の方がよりプレッシャーを感じているのかもしれない。でも昨シーズンを通じてプレッシャーへの対処方法を沢山学んだし、最終的にはファクトリーライダーであることも良いプレッシャーになると思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
ヤマハ、2026年末までMotoGP参戦契約を更新。来季以降のサテライトチームにも言及

前の記事

ヤマハ、2026年末までMotoGP参戦契約を更新。来季以降のサテライトチームにも言及

次の記事

ヤマハ、ロッシ離脱で“一致団結”が可能に? ビニャーレス「今年はひとつのチームになれる!」

ヤマハ、ロッシ離脱で“一致団結”が可能に? ビニャーレス「今年はひとつのチームになれる!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Lewis Duncan