クアルタラロ、「ルーキーみたいな”馬鹿げた”ミス」を悔やむ。再スタートは降雨に向けたチームの指示

MotoGPオランダGPをランキング首位で迎えたファビオ・クアルタラロは、ランキング2番手のアレイシ・エスパルガロを巻き込み転倒。その後も転倒しリタイアとなり「ルーキーみたいなミス」と嘆いた。

クアルタラロ、「ルーキーみたいな”馬鹿げた”ミス」を悔やむ。再スタートは降雨に向けたチームの指示
Listen to this article

 MotoGPオランダGPでヤマハのファビオ・クアルタラロは、5周目のターン5で2番手を走るアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)のインを差したものの転倒。接触されたエスパルガロは転倒こそ免れたものの、グラベルに追いやられたことで大きく順位を落とした。

 その後、クアルタラロはピットへ戻ったもののコース復帰。ただその3周後に再びターン5でハイサイドを起こし転倒してしまった。この2度の転倒を、クアルタラロは「ルーキーみたいなミスだった」と悔やんでいる。

 ランキング首位のクアルタラロがリタイアに終わった一方で、ランキング2番手のエスパルガロは怒涛の挽回を見せ、最終ラップ最後のシケインでブラッド・ビンダー(KTM)とジャック・ミラー(ドゥカティ)の2台を抜き去り4位でチェッカーを受けた。

 サマーブレイク前最後のレースを終えて、クアルタラロとエスパルガロのポイント差は34点から21点に大きく縮まった。

 レース後、Canal+のインタビューに応じたクアルタラロは、自身のミスは「馬鹿げている」として、ピットインしながらもコース復帰をした判断は降雨によるマシン乗り換えの可能性に備えてのチームの指示だったと明かした。

「ルーキーみたいなミスを犯した。最初からプッシュし過ぎたんだ」とクアルタラロは言う。

「こういうミスは、今後に向けて学ぶべきモノだけど、本当に馬鹿げたミスだった」

「僕らはとても良いペースを刻めていて、優勝争いができていた。このミスから、未来に向けて学んでいきたい」

Aleix Espargaro, Aprilia Racing Team, Fabio Quartararo, Yamaha Factory Racing crash

Aleix Espargaro, Aprilia Racing Team, Fabio Quartararo, Yamaha Factory Racing crash

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「(転倒後)再スタートしてポイントを稼ごうとしたけど、マシンに問題があることは分かっていた。それでマシンを停めたけど、チームは雨に備えて再び走るよう指示したんだ。再スタートしたけど、何かがおかしいことは分かっていたんだ」

「トライしたけど、理由は分からない。クラッシュを分析しないといけないけど、突然リヤのコントロールを失ったんだ。分析を見てみるつもりだけど、僕はルーキーみたいなミスを犯したんだ」

 レース後、ガレージにいるエスパルガロに謝りに向かったクアルタラロ。彼のレースペースを鑑みると、エスパルガロが「勝者」だったと語った。

 エスパルガロを訪ねた理由をクアルタラロに聞くと彼はこう答えた。

「謝りに行ったんだ。彼のペースを考えると、彼が今回の勝者だからね」

「ただ僕のミスを謝った。彼はとても良いレースをしていた」

「僕はこのサーキットでミスを犯してしまったけど、僕らのポテンシャルは高い。これまでのレースと同じようになると良いね。いずれ分かることだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
オランダGP完勝のフランチェスコ・バニャイヤ、実は「転倒が怖かった…」
前の記事

オランダGP完勝のフランチェスコ・バニャイヤ、実は「転倒が怖かった…」

次の記事

ビニャーレス、アプリリア初表彰台で超喜び「僕は世界で一番幸せな男だ!」

ビニャーレス、アプリリア初表彰台で超喜び「僕は世界で一番幸せな男だ!」