MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

ライダーがヤマハを信じることが大事でしょ! クアルタラロ、今年苦戦も信頼寄せる

ファビオ・クアルタラロは来季ヤマハに移籍するが、2020年に苦戦していた問題を彼らが解決することができると、ヤマハ勢が確信することが必要だと主張する。

ライダーがヤマハを信じることが大事でしょ! クアルタラロ、今年苦戦も信頼寄せる

 MotoGPクラスの2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響で短縮され、全14戦で行われた。そして最も多くの勝利を収めたメーカーは、タイトルを獲得したスズキではなくヤマハだった。

 ヤマハはシーズンの半分に当たる7戦で優勝。ただそのうち3勝は最新型マシンではなく、2019年型のYZR-M1を走らせるフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)の手によるものだった。彼は最新型を走らせるチームメイトのファビオ・クアルタラロも超え、ヤマハ勢トップのランキング2位でシーズンを終えた。

 クアルタラロはシーズン開幕のヘレス2連戦で連勝するなど、非常に好調な形でシーズンを始めた。しかし中盤からは失速し、タイトル争いからも脱落してしまった。

 2020年型のYZR-M1には、何年も続くリヤグリップの問題や、前年型に比べて旋回性に欠けるところがあるなど、不満がライダーから出ていた。

 クアルタラロは2021年シーズンにはファクトリーチームへ昇格するが、彼はヤマハのライダーたちはメーカーの技術力に自信を持たなければならないと語る。

「僕はMotoGPでの経験が豊富ではない。でもヤマハに何を言うか、何を改善できるのかについては、適切なアイデアを持っていると思う。それを信じる必要があると思うんだ」

 クアルタラロはそう語る。

「バイクが最高ではないと、(改善に)取り組む必要があると彼らに伝えるのは良い。ただ彼らが過去に極めて素晴らしいバイクを作ったということも、信じる必要がある。去年が良い例だ。あれが僕の1年目だったんだ」

「僕は、彼らを信頼すること、そして彼らに自分たちの考えを伝えることが必要だと思う。それは僕らがプロジェクトを信じる上で、重要なことになると思う」

「ファクトリーライダーになるということはメリットがあると思う。僕の考えを伝えるようなミーティングなんかが待ちきれないよ」

 またクアルタラロは2021年に向けて、ここ何年かで直面している問題をヤマハが好転させることができると考えているか? と訊かれると、こう答えた。

「解決策はある。去年のバイク(2019年型)は、とても上手く機能していたんだ」

「僕は2017年のバイクには乗っていないけど、ビニャーレスはマシンがとてもうまく機能していたと話していた」

「解決策はあるよ。彼らは僕らが何で苦戦しているか、そしてその改善方法を見つける必要があるだけだ。フランコのデータを見たんだけど、僕ら(2020年型)は旋回とリヤグリップで失っている部分があることは明らかだった」

「彼らはそこに取り組んで、分析する必要がある。だけどヤマハは本当にやる気に溢れていると、僕は思ってる。彼らも2020年型のバイクが、終盤戦での惨状を分かっているからね」

「バイクが機能していないと、四六時中彼らへ話す必要はない。彼らもそれは理解していて、解決に向けてハードに取り組んでいるんだ」

「彼らは“何か”を見つけてくれるだろうし、僕としても、良い形でテストを始められればと思っている。彼らがやる気に満ちていて、問題を見つける準備ができていることを願っているよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ヨハン・ザルコ、ドゥカティ陣営移籍の2020年は「埋め合わせに明け暮れる年だった」

前の記事

ヨハン・ザルコ、ドゥカティ陣営移籍の2020年は「埋め合わせに明け暮れる年だった」

次の記事

“サテライト”へ移籍のロッシ、2021年もヤマハ内での役割は不変? 監督ジャービス語る

“サテライト”へ移籍のロッシ、2021年もヤマハ内での役割は不変? 監督ジャービス語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ファビオ クアルタラロ
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Lewis Duncan