クアルタラロ、スペインGPの勝利“失わせた”腕上がりの手術が成功。フランスGPで完全復活目指す

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGP第4戦スペインGPで腕上がりを発症。彼は最終的に手術を受けこれは成功。次戦フランスGPでの完全復活を目指している。

クアルタラロ、スペインGPの勝利“失わせた”腕上がりの手術が成功。フランスGPで完全復活目指す

 ヘレス・サーキットで行なわれたMotoGP第4戦スペインGP。その決勝レースではファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)がポールポジションからスタートし、中盤まで先頭を走っていた。

 しかし彼は残り10周を目前にしたタイミングで、急激にペースダウン。その後はなすすべなく追い越されていき、最終的に13位で3ポイントを持ち帰るのが精一杯だった。

Read Also:

 クアルタラロはこの急激な失速が、腕に力の入らなくなる状態……いわゆる腕上がり(慢性労作性コンパートメント症候群/アームパンプとも)の症状が右腕に出てしまったことによるものだと説明。レース直後の段階では手術などの対処に関しては未定だとしていたが、最終的にメスを入れることを選んだ。

 

 なおクアルタラロはMotoGPデビューイヤーの2019年にも腕上がりの問題に直面しており、その際にも手術を受けている。

 5月4日(火)、クアルタラロは母国フランスの病院で執刀を受け、手術は無事に成功。ヤマハは5月14日から開始される、第5戦フランスGPでの完全復活を見込んでいるようだ。

 クアルタラロは自身のツイッターに術後の写真を投稿。そこには「万事順調。目標は次の母国戦だ!」と記している。

 2021年のMotoGPは4戦を終えた現在、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤが66ポイントを獲得して首位。クアルタラロは今回の失速によってランキング2番手へとポジションを落としたが、その差は2ポイントと僅差の状態だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPヘレステスト:ビニャーレスが最速。ホンダは新型カウルテストも、マルケス早退
前の記事

MotoGPヘレステスト:ビニャーレスが最速。ホンダは新型カウルテストも、マルケス早退

次の記事

乱立する“仕様違い”がホンダ理解の妨げに? エスパルガロ弟「パッケージが悪いのか自分が悪いのか……混乱する」

乱立する“仕様違い”がホンダ理解の妨げに? エスパルガロ弟「パッケージが悪いのか自分が悪いのか……混乱する」
コメントを読み込む