MotoGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
26 days
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
40 days
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
54 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
61 days
18 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
75 days
R
オランダGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
82 days
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
96 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
124 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
131 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
145 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
159 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
174 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
181 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
194 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
202 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
208 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
223 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
230 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
237 days

2位は今後に活きる? クアルタラロ「マルケスからタイヤを労わる術を学んだ」

シェア
コメント
2位は今後に活きる? クアルタラロ「マルケスからタイヤを労わる術を学んだ」
執筆:
協力: Valentin Khorounzhiy
2019/10/20 11:13

ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGP日本GPの決勝で2位となり勝利を逃したが、マルク・マルケスからタイヤを労わる術を学んだと語った。

 ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGPの日本GPを3番グリッドからスタートした。しかし抜群の蹴り出しを見せ、一気に首位に浮上することになった。しかしレプソル・ホンダのマルク・マルケスがすぐにこれをオーバーテイク……クアルタラロは首位の座を譲り渡すことになった。

 クアルタラロは必死に追いすがったが、最終的にはマルケスが一枚上手。レース終盤には徐々に引き離されてしまうこととなった。

 とはいえ、クアルタラロは後続と4秒ほどのギャップを築いており、楽に2位を確保するものと思われた。しかしレース終盤にはソフトタイヤのグリップが低下。リヤにミディアムタイヤを履くアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)の接近を許すことになった。

 クアルタラロはなんとか2位でフィニッシュすることができたが、最終的にドヴィツィオーゾとの差は、わずか0.455秒だった。

「僕にできる限り最高のスタートをしようとしたんだ」

 そうクアルタラロはレース後に語った。

「僕は彼(マルケス)を抜くことができた。でも正直に言って、彼はめちゃくちゃ速かった。僕はあれ以上速く走れなかったし、本当に限界になったんだ」

「ドヴィは4秒遅れていたのに、最終的には弾丸のように僕に迫ってきたんだ」

「2位を守るのは、本当に簡単じゃなかった。最終ラップでは、勝利を狙うかのようにプッシュしていたんだ。チャンピオンシップにとっては、本当に重要なポイントだったからね」

 クアルタラロ曰く、マルケスの後ろを走ったことで走行ラインを参考にすることができ、それがリヤタイヤを労わるのに繋がったという。

「今週末、マルクのペースは僕らよりも速かった。でも、僕は彼のラインを分析したんだ。それはタイヤを労わるのをとても助けてくれた」

「予選やフリー走行では、1コーナーで遥かに速い速度を保っていた。そしてそのコーナーを、僕はかなりワイドに走っていたんだ」

「僕はレースで、マルケスと同じラインを走ってみた。そのことが、タイヤを労わるのにかなり助けになったと思う」

「僕らに足りないものが何なのか分かるほど、十分に近くはなかった。でもそれは、中古タイヤでの加速で大いに苦労している僕らが改善するための、重要なポイントになるはずだ」

「改めて、タイヤを労わることを学んだレースだったと思う。たとえ最後に苦労したとしても、別の形で良いラップタイムを出すことができたんだ。それが今回学んだことだと思う」

 クアルタラロは今回2位になったことで、2019年のルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得を決めた。またライダーランキングでは現在6番手だが、3番手のアレックス・リンス(スズキ)とはわずか13ポイント差の163ポイントを稼いでいる。

「本当に喜ばしいことだ。マレーシアテストの際には、50〜90ポイントを手にすること、そしてルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得することを目標にしていた」

「実際、僕は予想したよりもはるかに多くのポイントを獲得した。チームにとっては本当に満足すべき結果だ。僕らは1年目だ。僕が1年目というだけでなく、チームも1年目なんだからね」

Read Also:

次の記事
ドヴィツィオーゾ、終盤にリスク覚悟の激走「”愚か”なほどブレーキングで攻めた」

前の記事

ドヴィツィオーゾ、終盤にリスク覚悟の激走「”愚か”なほどブレーキングで攻めた」

次の記事

“ラップタイムが良すぎた”マルク・マルケス、ガス欠寸前薄氷の勝利

“ラップタイムが良すぎた”マルク・マルケス、ガス欠寸前薄氷の勝利
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第16戦日本GP
サブイベント 決勝レース
ドライバー ファビオ クアルタラロ
チーム Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Lewis Duncan