ラズガットリオグル、2023年MotoGP転向はある? 「ファクトリーマシンや良い契約が必要」

スーパーバイク世界選手権に参戦中のトプラク・ラズガットリオグルには、これまで何度かMotoGP転向の噂が出ているが、彼は転向する場合には、ファクトリーマシンが使用できることや、良い契約がなければならないと語った。

ラズガットリオグル、2023年MotoGP転向はある? 「ファクトリーマシンや良い契約が必要」

 スーパーバイク世界選手権(WSBK)にPata Yamaha with Brixx WorldSBKから参戦中のトプラク・ラズガットリオグル。彼はこれまで、幾度かMotoGPへの転向が噂されてきたが、その場合に必要な条件を語ってくれた。

 ラズガットリオグルは2021年シーズンに、WSBK6連覇中の王者ジョナサン・レイ(カワサキ)と真っ向勝負を展開。第12戦終了時点では、レイに24ポイント差をつけてランキング首位に立っている。

 そんなラズガットリオグルだが、彼はこれまで何度かMotoGPへの転向が噂されてきた。今季は、2022年にペトロナス・ヤマハSRTからMotoGPへ参戦するのではないかと取り沙汰されていた。

Read Also:

 ただそうした憶測が出回った後、ラズガットリオグルはヤマハと2年契約を更新。少なくとも契約上、2023年シーズンまでWSBKに留まることとなった。

 なお彼は2021年中に、MotoGPマシンのYZR-M1のテストを行なうことも判明しているが、それでも2022年はWSBKへ継続参戦する意向を示している。しかし、2023年のMotoGP転向については、オープンな姿勢を取っているようだ。

 そしてラズガットリオグルは”もし”MotoGPへ転向するとした場合に、彼が必要としている条件を明確にしている。

「MotoGPマシンのテストをできるのは嬉しいよ。レースをする前に確認できるんだからね」と、彼はmotorsport.comに語った。

「良いと思うかもしれないし、気に入らないのかもしれない。乗れば分かるだろう。その人のスタイルにもよるからね。様子を見てみよう。気に入らなかったとしたら、ここ(WSBK)に留まるだろう」

「それに、もしかしたら良い契約が無くてMotoGPへは行けないかもしれない。MotoGPに行くにしても、良い契約が必要だ。ファクトリーマシンが必要だよ。今年、僕はチャンピオンシップに勝てればと思っているし、来年は防衛したい。そうすれば、MotoGPに行けるかもしれない」

 今シーズンは絶対王者のレイを上回る強さを見せているラズガットリオグル。ただ、彼はMotoGPは別の話だとも語っている。

「(MotoGPに行ったとしても)時間が必要だ。MotoGPへ行く前から、3レース後には表彰台に上っているだろう、なんてことは絶対に言えない」

「WSBKのマシンと、MotoGPのマシンは違うモノだ。タイヤも、ブレーキングも違う。適応する時間が必要だ。だからMotoGPへ向かう前にテストの機会があることについては、嬉しく思っている」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1カタールGP開催、MotoGPにとっては悪いニュース? 「何もかもを破壊されてしまう」とライダー悲観
前の記事

F1カタールGP開催、MotoGPにとっては悪いニュース? 「何もかもを破壊されてしまう」とライダー悲観

次の記事

KTM、中期的にはMotoGPで3チーム目も模索? ドゥカティの勢力拡大には警戒感も

KTM、中期的にはMotoGPで3チーム目も模索? ドゥカティの勢力拡大には警戒感も
コメントを読み込む