ホンダ、マルケスの僚友決定には時間必要「ペドロサは素晴らしい候補」

シェア
コメント
ホンダ、マルケスの僚友決定には時間必要「ペドロサは素晴らしい候補」
執筆:
2018/05/02 6:17

レプソル・ホンダは、来季以降のマルケスのチームメイトを決定するには時間が必要だと主張している。

Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Podium: Race winner Marc Marquez, Repsol Honda Team
Marc Marquez, Repsol Honda Team
Marc Marquez, Repsol Honda Team

 レプソル・ホンダのチーム代表であるアルベルト・プーチは、2019年以降のマルク・マルケスのチームメイトを決めるには時間が必要であり、ダニ・ペドロサとの契約を延長するかどうかについても評価を続けていると話した。

 2006年にMotoGP最高峰クラスにデビューしたペドロサは、昇格以来13年間レプソル・ホンダに在籍している。毎シーズン少なくとも1勝を挙げているペドロサだが、チームと彼との契約は今期末までとなっている。

 ペドロサは契約延長を望んでいるものの、ホンダ側は選択肢の評価を続けていくと話している。

 ホンダを”夢のチーム”と評していたヨハン・ザルコ(テック3・ヤマハ)は、2019年よりKTMに移籍する見込みである。またアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は、チームからの最初の契約延長オファーを断ったものの、ドゥカティを離脱しそうにはない。

 これにより、ペドロサがチームに残留する可能性は高まったとも言える。そのペドロサは、アルゼンチンGPで右手首を負傷して手術を受けたが、そこからわずか10日あまりでレースに復帰し7位に入賞していた。

 昨年Moto3のタイトルを獲得したジョアン・ミルも、マルケスのチームメイト候補のひとりだ。ミルは今季Moto2に昇格し、前戦オースティンでも4位に入る活躍を見せている。

 プーチは、ペドロサの起用を続けるというのは”素晴らしい選択肢”であると話しているが、最終的な決断を下す前に、今後数戦の流れを見る必要があると強調した。

「マルケスは契約を更新したが、今後のレース次第では選択肢を考えたい」とプーチはmotorsport.comに語った。

「我々はいずれのライダーとも交渉を行っていないということを明確にしておきたい。ライダーの進歩や、誰が行き詰まってしまっているのか、誰がそうでないのか、そういうものを見て分析することは重要だ」

「我々の責任は、チームにベストな選択肢を与えることだ。ダニは素晴らしい選択肢だ。それゆえ彼は何年間も、そして今も我々と共にいるのだ」

 またプーチは、マルケスがライダーの決定に関していくらかの影響力を持っていることを認めた。

「マルケスのようなライダーを擁しているのだから、ある時点ではふたり目のライダーについて彼の見解を求めることになる」

次の記事
ホンダのマルケス&ペドロサ、MotoGP日本GPの前夜祭への参加が決定

前の記事

ホンダのマルケス&ペドロサ、MotoGP日本GPの前夜祭への参加が決定

次の記事

ヨハン・ザルコ、KTMとの2年契約を締結。エスパルガロとコンビ

ヨハン・ザルコ、KTMとの2年契約を締結。エスパルガロとコンビ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ダニ ペドロサ 発売中 , マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Oriol Puigdemont
まずは最新ニュースを読む