引退ドヴィツィオーゾ、ヤマハM1の苦戦は予想外だった「ライディングを完全に変えるなんて無理」

アンドレア・ドヴィツィオーゾは2021年にヤマハ陣営へ加入し再起を図ったが、YZR-M1への適応にこれほど苦労することになるとは予想していなかったという。

引退ドヴィツィオーゾ、ヤマハM1の苦戦は予想外だった「ライディングを完全に変えるなんて無理」
Listen to this article

 RNFヤマハのアンドレア・ドヴィツィオーゾは昨年のヤマハ陣営加入以来苦戦が続いているが、本人としてもYZR-M1への適応にこれほど苦戦するとは予想できていなかったという。

 ドヴィツィオーゾは2020年限りでドゥカティを離れると、2021年半ばにペトロナス・ヤマハSRT(現RNFヤマハ)からレースシーンへ復帰。ドゥカティからヤマハへの乗り換えとなるが、彼は2012年のテック3ヤマハ時代に表彰台も獲得していたため、期待する向きも多かった。

 しかしヤマハ陣営に移って以来、ドヴィツィオーゾは厳しい時間を過ごしている。これまでの獲得ポイントは22点に過ぎず、この苦しい状況からドヴィツィオーゾは2022年シーズンの第14戦サンマリノGPをもって引退することを決めてしまった。

Read Also:

 ドヴィツィオーゾは昨年ヤマハ陣営に加入し、その後直面した苦しい状況は衝撃的だったと語っており、彼にとってもYZR-M1での苦戦は予想外だったと明かした。 

「このバイクのこうした性質に直面することになるなんて、僕も本当に予想していなかった。僕は以前ヤマハでの経験もあったからね」

 ドヴィツィオーゾはイギリスGPで行なわれたインタビューで、そう答えた。

「全く異なったバイクに直面したわけじゃない」

「でもポイントがあって、それはチャンピオンシップ自体が変わっているんだ。ルールが変わり、バイクが変わり、ライダー達も変わっている。とてもユニークな変化がある」

「そうした状況下で、僕らは今のMotoGPを戦っているけど、極めて極端な状況にあると思う」

「ファビオ(クアルタラロ/ヤマハ)が乗っているように、競争力自体は発揮することができるんだ。でも僕はこうした極端な(M1の)特性は予想していなかった」

Andrea Dovizioso, RNF MotoGP Racing

Andrea Dovizioso, RNF MotoGP Racing

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 ヤマハのマシンに対する評価という面では、クアルタラロも諸手を挙げて賛同しているわけではない。彼も2021年シーズンの戦いの中で、”不自然な”方法でヤマハのマシンに乗らなければならなかったと話している。

 そしてドヴィツィオーゾはライダーのライディングスタイルを、根本から変えることは不可能だと語っている。

「自分のライディングスタイルを完全に変えるのは、不可能だ」と、ドヴィツィオーゾは言う。

「バイクのキャラクターに合わせて少し適応することはできても、誰もそんなことはできないよ」

「トップレベルのライダーは誰もが多少の適応は可能だ。それでも自分のライディングの”DNA”を完全に変えることはできない。速さが極まっていて、レベルが高すぎるからだ」

「だから競争力のあるライディングスタイルへの変更や、凄く上手くいっているライダーのようなアプローチをとろうとしても、決してそういった風にはできないんだ」

「接近することはできる。でも決して上回ることはできない。一部では自分が優れていて、それをバイクで多少は活かすことはできるけど、完全に変えるなんて不可能なんだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
ビニャーレス、ヤマハ離別から8月で丸一年。キャリア危機からアプリリアで復活……チームも更に期待?
前の記事

ビニャーレス、ヤマハ離別から8月で丸一年。キャリア危機からアプリリアで復活……チームも更に期待?

次の記事

マルケス弟、モチベーション低下からホンダ離脱も仕事は全力? 「プロフェッショナルとしてね」

マルケス弟、モチベーション低下からホンダ離脱も仕事は全力? 「プロフェッショナルとしてね」