MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
Canceled
25 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
Canceled
14 7月
イベントは終了しました
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
R
スティリアGP
21 8月
次のセッションまで……
6 days
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
次のセッションまで……
26 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
次のセッションまで……
34 days
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
55 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
61 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
62 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
83 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
90 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

リンス、負傷の痛みで苦しいアンダルシア初日に。クラッチローは比較的良好か

シェア
コメント
リンス、負傷の痛みで苦しいアンダルシア初日に。クラッチローは比較的良好か
執筆:
2020/07/25 7:10

アレックス・リンスとカル・クラッチローは負傷をおしてMotoGP第3戦アンダルシアGPのフリー走行へと挑んだ。中でもリンスは痛みがかなりあったようで、土曜日の状況次第では決勝レースを欠場する可能性もあるという。

 MotoGP第3戦アンダルシアGPに、アレックス・リンス(スズキ)とカル・クラッチロー(LCRホンダ)は前戦スペインGPで骨折などの怪我を負ったにもかかわらず、金曜日の走行からコースに姿を表した。

 リンスはFP1に痛み止めなしで出走。ただ周回数は8周にとどまっており、リンスも後にセッション後には予想以上の痛みを感じていたと認めた。

 続くFP2でリンスは、局所麻酔を投与して出走。16周を走行し、1分39秒101の21番手タイムを記録してセッションを終えた。

「僕にとって痛みの伴う厳しい1日だった」と、リンスは言う。

「バイクに跨っている時、かなりの痛みを感じていたんだ」

「走行が始まる前、僕は多少の傷みは感じるだろうけど、上手く乗れると思っていた。でもセッション後には『これは無理だ』とわかった。予想以上の痛みを感じていたんだ」

「とにかく、僕らは戦うことと作業することを続ける必要がある。FP2はFP1よりも良かったよ」

「FP1では何も麻酔は使っていなかったんだけど、FP2では痛みを低減できるかどうかを確認するために、いくらか使ってみた。痛みは減ったけど、十分じゃなかった」

 リンスは現時点で負傷した肩に十分な力が入らないと語っており、土曜日にコースインした際に他のライダーと自分にリスクをもたらすような場合には、レースウィークの残りを欠場する可能性もあると述べた。

「FP1とFP2を終えてポジティブだったことは、肩にはあまり炎症は起きていないという点だ」

「つまり腱にリスクを負うことはないんだ。明日、様子を見てみよう」

「バイクのフィーリングを良くする必要があるし、現時点では十分な力が入らないように見える。だから自分と他のライダーにとってリスキーなら、走行は取りやめることになるだろう」

 一方、左手の舟状骨手術を受けたクラッチローは、リンスより状況は良いようだ。初日はリンスよりも多い計24周を走行している。

 彼はこれが“バイクに乗れることの証明”だと語っているものの、フィーリングに少し妙な点はあるとも言う。

「今週末、バイクに乗れることを証明できたと思う」と、クラッチローは語った。

「バイクに乗った時のフィーリングはちょっと妙だけど、手首に痛みはあまりないんだ。痛みがある時もできる限りベストな方法で走ろうとしている」

「先週のクラッシュを経て、バイクに乗ったときの状態はあまり素晴らしくはない感じだ。だけど週末の残りを、快適に過ごせるように作業を続けていく」

「外科医の(ザビエル)ミル先生と他のドクターは良い仕事をしてくれたと思う」

「僕はただ歯を食いしばってバイクに乗るだけさ」

 なお25日の走行からは右上腕骨折の手術を受けたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)も出走し、身体の状態を確かめる予定だ。

 

Read Also:

KTMが今季のサプライズに? エスパルガロ弟「“何か凄いモノ”を狙える」

前の記事

KTMが今季のサプライズに? エスパルガロ弟「“何か凄いモノ”を狙える」

次の記事

MotoGPアンダルシアFP3:レコード更新続々! ビニャーレスがトップ、中上4番手でQ2へ

MotoGPアンダルシアFP3:レコード更新続々! ビニャーレスがトップ、中上4番手でQ2へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント アンダルシアGP
ドライバー アレックス リンス
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 Lewis Duncan