アレックス・リンス、ファクトリー待遇でLCRホンダ入りか。契約間近だと示唆「僕は準備万端」

アレックス・リンスは、LCRホンダ加入の発表がオランダGPのレース後か、来週に発表できるだろうと語った。

アレックス・リンス、ファクトリー待遇でLCRホンダ入りか。契約間近だと示唆「僕は準備万端」
Listen to this article

 スズキのアレックス・リンスは、来季に向けてLCRホンダ入りの交渉が順調に進んでおり、契約締結間近だと認めた。

 スズキが今シーズン限りでのMotoGP撤退を検討している中、ライダーのジョアン・ミルやリンスは移籍先を探すべく、各チームと交渉を進めている。

 そんな中最近になって、アレックス・マルケスのLCRホンダ離脱とリンスのホンダ陣営移籍の可能性が濃厚となってきた。

Read Also:

 オランダGPを前に、リンスは検討すべき良い選択肢がいくつかあるため、「快適な」状態にあるとメディアに語っていた。

 だがmotorsport.comの調べによれば、すでにリンスのLCR加入は事実上決定しており、あとは契約書にサインするだけの状態のようだ。またそれも、数日以内に完了する予定だという。

 リンスはホンダと直接2年の契約を結び、ホンダからのフルサポートを受けてファクトリー仕様のバイクをLCRで走らせるようだ。

「日曜日のレースの終わりか来週に何か発表できるかどうか見てみよう」とリンスは金曜日にアッセンで語った。

「マテリアル面での条件は(ファクトリーと)同じになる。公式チームに行くという選択肢は与えられていなかったので、LCRと話をしたんだ」

「レプソルカラーを纏うというアイデアは嫌じゃなかったし、2013年と2014年(Moto3時代)はレプソルカラーだったから、その可能性があったら少なくとも興奮しただろう」

「(ホンダ移籍は)大きな挑戦だ。V4エンジンへの移行は大きな変化になるだろうけど、僕たちは準備万端だし、恐れてもいないよ」

 2020年王者であるミルは、レプソル・ホンダに加入しマルク・マルケスのチームメイトとなることが有力視されており、スズキで活躍するふたりがホンダ陣営に加わることになる。

 レプソル・ホンダを離れるポル・エスパルガロはテック3も含めたKTM陣営と、LCRホンダ離脱のアレックス・マルケスはドゥカティのバイクを使うグレシーニとそれぞれ交渉しているようだ。

 リンスに近い関係者によれば、来季移籍先として最新仕様バイクが使えるドゥカティ陣営をターゲットとしていたものの、1年落ちの2022年バイクしか選択肢がなかったため、ファクトリーバイクの供給が可能なLCRホンダ入りの交渉が進んだようだ。

 
Read Also:

シェア
コメント
ブラドル、ホンダRC213Vの熱問題の解決を信じる。ライディングギア原因は否定
前の記事

ブラドル、ホンダRC213Vの熱問題の解決を信じる。ライディングギア原因は否定

次の記事

エスパルガロ弟、苦戦原因は痛めた肋骨? 「息するのもキツイ」状況に直面

エスパルガロ弟、苦戦原因は痛めた肋骨? 「息するのもキツイ」状況に直面