MotoGP初優勝&スズキ3年ぶりの勝利! リンス「ロッシを負かしたなんて信じられない」

シェア
コメント
MotoGP初優勝&スズキ3年ぶりの勝利! リンス「ロッシを負かしたなんて信じられない」
執筆:
2019/04/15 7:04

アメリカズGPで最高峰クラス初優勝を果たしたアレックス・リンス。彼は小さな頃に憧れていたロッシを打ち破ったことが信じられないと語っている。

 第3戦アメリカズGPで、自身のMotoGPクラス初優勝を飾ったスズキのアレックス・リンス。スズキにとっても2016年のイギリスGPでのマーベリック・ビニャーレス(現ヤマハ)以来の優勝だ。そして、ビニャーレス以来の新たなMotoGPウィナーの誕生となった。

「本当に嬉しい。この気持ちを説明する言葉が無いよ」と、リンスは感極まった様子で語っている。

「スズキにありがとうと言いたい。ここ数年、彼らは本当に良い仕事をしてくれて、良いマシンを作り上げてくれた」

「僕は自分の限界を出した。本当に嬉しいし、最高の気分だよ。(バレンティーノ)ロッシを打ち負かした事は、信じられないような事だ。ロッシは僕が小さな頃の憧れだったんだ」

「プレシーズンテストをしていた時、僕らはレースで勝てると確信していたんだ。僕らには強いマシンがあった。カタールでは優勝が本当に近い所にあったし、アルゼンチンではかなり後ろから追い上げることが出来た」と、リンスは付け加えている。

「ウォームアップセッションでは、僕らは大失敗だった。違うセットアップを試みたんだけど、もっと悪かったんだ。そしてレースに向けては標準的なセットアップに戻した。それが信じられないほどのものだった」

 また、スズキのチーム代表ダヴィデ・ブリビオは、チームのエースライダーとしての役割を果たしているリンスを褒め称えている。

「我々は今シーズン優勝することを望んでいた。期待していたことであり、我々の目標だった。レースで勝つ必要があったんだ」

「正直に言って、(マルク)マルケスの転倒には助けられた。リンスはロッシと戦う必要があったが、彼がとても成熟し、冷静で、思慮深い事を示してくれて嬉しいよ」

次の記事
10位フィニッシュでも喜べない……中上貴晶「へレスでベストリザルトを狙う」

前の記事

10位フィニッシュでも喜べない……中上貴晶「へレスでベストリザルトを狙う」

次の記事

オースティンの“王”マルケス、まさかの転倒リタイア……「限界は超えていなかった」

オースティンの“王”マルケス、まさかの転倒リタイア……「限界は超えていなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第3戦アメリカGP
ドライバー アレックス リンス , バレンティーノ ロッシ 発売中
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 Jamie Klein
まずは最新ニュースを読む