MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
13 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
19 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
20 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
27 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
41 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
48 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

ロッシ、”愛弟子”バニャイヤのドゥカティ昇格を期待。弟ルカは「Moto2に集中すべき」

シェア
コメント
ロッシ、”愛弟子”バニャイヤのドゥカティ昇格を期待。弟ルカは「Moto2に集中すべき」
執筆:

バレンティーノ・ロッシは2021年シーズンにVR46アカデミーの弟子であるフランチェスコ・バニャイヤがドゥカティファクトリーへ加入することを望んでいる。

 MotoGPにプラマック・ドゥカティから参戦しているフランチェスコ・バニャイヤ。彼の契約は今年限りまでとなっていた。しかし今月、ドゥカティはバニャイヤと2年間の契約を延長することで合意したと認め、アビンティアのヨハン・ザルコとも契約を延長する意向だと明かした。

Read Also:

 アンドレア・ドヴィツィオーゾの離脱が決まったことで、ドゥカティは2021年のファクトリーチームのシートがひとつ空いている状態となった。なおもうひとつのシートには、既に現プラマックのジャック・ミラーが、ダニーロ・ペトルッチの後任として昇格することが決定済みだ。

 残るひとつのシートはバニャイヤかザルコが獲得するのではないかと噂されてきたが、ドゥカティ側は彼ら2人の来季所属チームについてはサンマリノGP前に決定する予定だと述べている。

 ただ、主宰するVR46アカデミーでバニャイヤを指導してきた”師匠”であるバレンティーノ・ロッシは、彼がファクトリーチームに昇格することを望んでいる。

「彼ら(プラマック)は本当にドゥカティと密接な関係があると思う。ただ僕としてはペッコ(バニャイヤ)の未来がワークスチームにあることを期待している」

 ロッシはそう語った。

「彼はワークスチームへ行くことをお勧めするよ」

「プラマックは間違いなく非常に優れたチームだ。だけどファクトリーチームにはさらにプラスされる何かがある。僕は彼が来年、(ドゥカティの)赤い服をまとっている姿を見たいと思っている。彼にとっては素晴らしいチャンスになるだろう」

 現在バニャイヤはチェコGPで転倒した際に右足を骨折したことで欠場が続いているが、サンマリノGPで復帰することが予想されている。

 そのサンマリノGPでは、前述のように彼らの将来に関して発表が行なわれる予定になっているが、伝えられているところによれば、ザルコがドゥカティのサポートを受けてアビンティアに残り、バニャイヤはファクトリーへ昇格する可能性が高いようだ。その場合シートがふたつ空いたプラマックにはMoto2からホルヘ・マルティンと、同じくMoto2からルカ・マリーニかエネア・バスティアニーニのどちらかが加入すると考えられている。

 マリーニはロッシの異母弟にあたり、VR46アカデミーのメンバーでもある。現在マリーニはMoto2のランク首位を走るなど、その実力は確かだ。

 ただロッシは、マリーニはドゥカティとのMotoGP昇格の交渉よりも、Moto2でのタイトル争いに集中すべきだと釘を刺している。

「ドゥカティがルカに興味を持ってくれていることは素直に光栄なことだ」と、ロッシは言う。

「でも彼は今季世界チャンピオンを勝ち取るチャンスがあるんだから、それに集中することがより重要だと思う。そういった機会はそうそうないし、キャリアを通じてチャンスを得られないライダーも居るんだ」

「僕だったら、今季に集中するだろう。それでルカがMotoGPへドゥカティと来ることができれば、もちろん僕らはみんなで喜ぶよ」

 

Read Also:

優勝したい思いが強すぎた……3位エスパルガロ弟、念願の初優勝はおあずけ

前の記事

優勝したい思いが強すぎた……3位エスパルガロ弟、念願の初優勝はおあずけ

次の記事

エスパルガロ兄、スティリアGP12位は「アプリリアの100%限界だった」

エスパルガロ兄、スティリアGP12位は「アプリリアの100%限界だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー フランチェスコ バニャイヤ , バレンティーノ ロッシ
執筆者 Lewis Duncan