MotoGP オーストリアGP

バレンティーノ・ロッシ、去就注目の弟子ベッツェッキのチーム残留を希望「僕たちは一緒に勝てるはず」

バレンティーノ・ロッシは、VR46とドゥカティ、そして2024年MotoGP市場のキーマンであるマルコ・ベッツェッキとの交渉について状況を語った。

Valentino Rossi

 MotoGPの2024年に向けたライダー市場は今、非常に熱い時を迎えている。すでにいくつかの契約はまとまっているが、主役のひとりであるマルコ・ベッツェッキ(VR46)の去就が注目されている。

 彼は師匠であるバレンティーノ・ロッシのチームであるVR46に残ることを望んでいると言われているが、来季もドゥカティから供給されるバイクは1年落ちの旧型になる模様。自らのステータスを上げ、より良いバイクを使いたいと彼が望むのなら、プラマックに移籍することになるだろう。

 彼のVR46のシートを狙っているライダーも多く、ベッツェッキは難しい判断を迫られているが、彼は2週間後に開催されるカタルニアGPで答えを出すことに同意したようだ。

 ベッツェッキがプラマック移籍を決めた場合、ヨハン・ザルコの後釜に収まることになる。ザルコは2年契約でLCRホンダへの移籍を決断したことを明らかにしている。

 自身の名前を冠したVR46チームやライダーズ・アカデミーのオーナーであるバレンティーノ・ロッシは、オーストリアGPのパドックに姿を現し、ベッツェッキと多くの時間を過ごしたようだ。

「とても濃密な日々だった。ベズと多くの時間を過ごしたよ」と、ロッシはスカイ・イタリアのインタビューに応えた。

「我々の目標は、ルカ(マリーニ)とマルコの両ドライバーと、2024年も一緒に走り続けることだ」

「すでにふたりと話をしたし、可能性は大きいと思う」

 ロッシは、来季もVR46はドゥカティから最新仕様のファクトリーバイクを得ることができないため、ベッツェッキを引き止めるのには限界があると考えている。

「残念ながら(2024年に)ファクトリーマシンを手にすることができないのはほぼ確実だ。ドゥカティは2台のマシンをプラマックに残すと決めたからだ。いずれにせよ、我々のチームで彼にできるサポートもとても良いものだ」

 ランキング3番手のベッツェッキは、ポイントリーダーのフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)や同2番手のホルヘ・マルティン(プラマック)とタイトルを争っているが、このふたりはファクトリーバイクを使用している。たとえ型落ちのバイクであっても、ベッツェッキは遜色ないパフォーマンスを見せているのだ。

 ロッシはベッツェッキのパフォーマンスには太鼓判を押しており、バイクを含めた技術面と同じくらい、環境が重要だと語った。

「2024年のバイクでなくても、今シーズンのドゥカティは好調だから、我々もうまくやれるはずだ」と付け加えた。

「ベズはとても良くまとまっているし、我々は彼のスタイルにあったトップレベルのチームを作り上げている」

「チームを変えて、理論上よりリソースの多いチームに行くこともできる。でもテクニカルマネージャーがそれについてきてくれるかどうかは分からないし、またゼロからスタートする必要がある」

「常に良い要素と悪い要素があるんだ。ベズは我々と一緒に勝てると思うよ」

 

前の記事 ヨハン・ザルコ、プラマックを離れ来季LCRホンダへの移籍を決断「キャリアを考えると悪くない判断だ」
次の記事 VR46かプラマックかの判断迫られたベッツェッキ、既に”決断済み”と明かす。ロッシの残留プッシュは「本当に感謝」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本