MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

「一番遅かった」ロッシ、首位から“8位転落”は最高速不足が原因?

シェア
コメント
「一番遅かった」ロッシ、首位から“8位転落”は最高速不足が原因?
執筆:
2019/10/28 3:04

オーストラリアGPを8位で終えたバレンティーノ・ロッシは、最高速でライバルに劣っていることが、首位からポジションを落とした理由だと語った。

 MotoGP第17戦オーストラリアGPで、ヤマハのバレンティーノ・ロッシはオープニングラップで首位に立った。しかしそれを維持することができず、3周でカル・クラッチロー(LCRホンダ)や、他のライダーの追い越しを許してしまった。

 その後4番手集団に飲み込まれたロッシだったが、そこでも上位に留まることができず、最終的に8位でレースを終えた。

 こうして首位から8位までポジションを落としたレースとなったにもかかわらず、ロッシは前戦日本GPよりも良いレースだったと言う。

 またロッシは「ストレートでラップごとにポジションを落とした」と言い、その原因が最高速にあると述べた。

「物凄いスタートで、少しは先頭にいられた。凄く良い形でグランプリ400戦目を戦えたよ」と、ロッシはレースを振り返った。

「良い形でバイクに乗ることができた。先週末(日本GP)に比べて、より競争力があった」

「とにかく、僕らにはまだまだ必要なことがあるし、もっと強くならなくちゃいけない」

「問題はラップごとにポジションを失っていたことだ。4番手は大きな集団で、その周に抵抗するか抜き返せないと、後ろのライダーに追い抜かれてしまうんだ。それは僕がその集団の中で最も直線スピードが遅かったからだ」

「残念だけどいくつかの場所では、僕はポジションを回復するのに十分な強さが無かった。後ろには他のライダーが控えていたから、最終的に僕はスムーズに乗ることを試したんだ」

 ロッシはそう語った。そして、依然としてリヤタイヤのグリップに問題を抱えており、解決策を見い出せていない、とも付け加えた。

「ここで、僕らは良いバイクのバランスを見つけ出した。ブレーキングとコーナー進入で、フロント側がしっくり来たんだ」

「でもリヤグリップは少し欠いている。それが後半戦での問題なんだ。そして現時点でも、この問題は解決できていない。僕らはそれについて考えて、改善を試みる必要がある」

Read Also:

次の記事
2位で終わるよりマシ! ビニャーレス、攻めの転倒に「一片の悔い無し」

前の記事

2位で終わるよりマシ! ビニャーレス、攻めの転倒に「一片の悔い無し」

次の記事

大クラッシュの“トラウマ”を払拭……クラッチロー、因縁の地で2位獲得

大クラッシュの“トラウマ”を払拭……クラッチロー、因縁の地で2位獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第17戦オーストラリアGP
サブイベント Race
ドライバー バレンティーノ ロッシ 発売中
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 David Gruz