MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
4 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
18 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
24 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
25 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
32 days
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
46 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
53 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

「アカデミーを作ろうなんて思ったやつは誰だ!」ロッシ、教え子に敗れるも満足

シェア
コメント
「アカデミーを作ろうなんて思ったやつは誰だ!」ロッシ、教え子に敗れるも満足
執筆:

MotoGPサンマリノGPで自らの教え子であるモルビデリとバニャイヤに敗れて4位と惜しくも表彰台を逃したバレンティーノ・ロッシだが、彼はVR46アカデミーを設立すべきではなかったかもしれないと冗談めかして語った。

 ミサノ・サーキットで行なわれたMotoGP第7戦サンマリノGPは、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)のVR46アカデミーの生徒が大活躍する結果となった。

 2014年にロッシがイタリア人の才能を伸ばし育成するために設立したVR46アカデミーだが、サンマリノGPにおいてはMoto2クラスでTeam VR46のルカ・マリーニとマルコ・ベッツェッキがワンツーフィニッシュ。

Related videos:

 MotoGPクラスでもフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が初優勝、フランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)も2位となり初表彰台を獲得するというVR46にとって記念すべき日となった。しかし、ロッシは彼らに敗れ4位で表彰台を逃す結果となってしまった。

 ロッシは決勝レースを4番手からスタートすると、序盤は逃げるモルビデリの背後につけて追走。しかし中盤からはモルビデリに逃げられてしまい、逆にバニャイヤの追い抜きを許してしまった。

 ロッシは最終ラップでジョアン・ミル(スズキ)にもオーバーテイクされ、ついに表彰台圏内から脱落し、4位でフィニッシュした。

 眼前で200回目の表彰台を逃す結果となってしまったロッシだが、VR46アカデミーのライダーがMotoGPクラスでワンツーフィニッシュを果たしたことで、“大いに満足”と語っている。

「油断できないヘビを育ててしまったよ」

 ロッシはVR46アカデミーのライダーについて、そう冗談めかした。

「この水準の競技では格別なモノだと思うから、(VR46ライダーの)結果にはとても満足している。もし僕らが表彰台を独占できていたら、歴史的なことになっていただろうね」

「僕は(表彰台を)逃した唯一の男だから、良い気分ではないけど、それ以外の面ではハッピーだ。レース中には自分自身に『アカデミーを作ろうだなんてアイデアを実行した奴は誰だ?』って問いかける瞬間はあったけどね」

「真面目に言うと、この結果にはすごく満足だ。なぜなら僕らは毎日彼らを育てるために取り組んできたんだからね。イタリアの2輪モータースポーツ界において凄いことをしたんだ。ちょっと彼らがあまりにも速く、強くなったのは残念だけどね! だけどレースを終えた時、僕らのライダーを祝うことができた。だから満足しているよ」

 惜しくも表彰台は逃したロッシだが、今季のタイトル争いでは首位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)から18ポイント差と、依然として追撃可能な位置につけている。

 ただロッシはタイトル争いに割って入るためには、もう少し速さが必要だと考えている。

「面白くなってきている」と、ロッシはチャンピオンシップについて語った。

「チャンピオンシップを争うためには、僕はもう少し速くなる必要がある。だけど今日2位でフィニッシュできていたなら、トップからは10ポイントやそこらの差になっていただろう」

「僕らは全員がかなり接近していて、有力候補はまだ明確じゃない。皆が問題を抱えているからだ。僕はたった18ポイント差だし、今年は何でも起こり得るから諦めずにベストを尽くしていくつもりだ」

 

Read Also:

中上貴晶、ミサノ初戦は9位。「ポジティブなレース」と振り返り連戦で表彰台目指す

前の記事

中上貴晶、ミサノ初戦は9位。「ポジティブなレース」と振り返り連戦で表彰台目指す

次の記事

初優勝モルビデリ「ラスト10周は人生で最も重要だった」タイトル争いには控えめ姿勢

初優勝モルビデリ「ラスト10周は人生で最も重要だった」タイトル争いには控えめ姿勢
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント サンマリノGP
執筆者 Lewis Duncan