MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
40 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
54 days
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
68 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
75 days
18 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
89 days
R
オランダGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
96 days
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
110 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
138 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
145 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
159 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
173 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
195 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
208 days
R
オーストリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
222 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
244 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

ヤマハ復活の兆し? ロッシ「表彰台にはあと0.2秒必要」と接戦予想

シェア
コメント
ヤマハ復活の兆し? ロッシ「表彰台にはあと0.2秒必要」と接戦予想
執筆:
2018/09/09 5:08

ロッシは、サンマリノGPで表彰台を獲得するためには、1周あたり0.2秒のペースアップが必要だと考えているようだ。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、2年ぶりの参戦となるホームレースのサンマリノGPを7番手からスタートするが、表彰台を獲得するためには1周あたり0.2秒ほどのタイムアップが必要だと考えている。

 ミサノにほど近いタヴッリアに住むロッシにとって、サンマリノGPはまさにホームレースとなるが、予選ではポールポジションを獲得したホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)に対して0.399秒差、7番手に甘んじた。

 ロッシはバイクの電子制御と自身のラインディングスタイルを磨くことに取り組んでおり、ホームでトップ3フィニッシュを飾るには、さらにペースを上げる必要があると語った。

「3列目からのスタートは、あらゆるものが難しくなる。特に最初のシケインがね」

「前にいるライダーたちも良いペースを持っているのは確かだから、1周したあとに遅くなっているライダーはいないだろう。だからみんなが多かれ少なかれ(スタート時と)同じようなポジションにいるはずだ。しかし3列目からスタートするのは確かに素晴らしいことではない」

「僕たちは特に最初の2周、レースのスタートから強くあろうと努力しなければならない」

「この午後から決勝日の午前に向けて作業をしなければならない。僕が表彰台を争うためには、0.2秒必要だ。どこかでそれを見つけられるか、やってみよう」

 優勝は手が届かないのかと訊かれると、ロッシは「僕たちはみんな、とても近いから判断は難しい」と答えた。

「2台のドゥカティがとても強いように思えるけど、同時にマーベリック(ビニャーレス/ヤマハ)や(レプソル・ホンダのマルク)マルケスも強い。僕たち5台以外にも、(LCRホンダのカル)クラッチローや(プラマック・ドゥカティのジャック)ミラーもそれほど遠くない」

「最後までみんなが近い距離でバトルできることを願っている」

 一方、チームメイトのビニャーレスはフロントロウ、予選3番手を獲得した。ヤマハでの2年目、厳しいシーズンを耐えているビニャーレスは、競争力を発揮できていたイギリスGPのレースが中止となったこともあり、優勝を求めるモチベーションは高まっているという。

「(イギリスGP前に)ミサノで行われたテストの後、バイクがはるかに良くなったと感じていた。電子制御も少し改善できたようだし、それによってフロントタイヤに対する自信を増すことができた」

「ペースについても僕たちは強いと思うし、前でバトルができるはずだ」

「確かに、タイムはまだ改善しなくてはいけない。ラインを改善しなければならないコーナーもいくつかあるけど、まだ時間はあるしどうなるか見てみよう。正直バイクがレースでどのように機能するかを見てみたいと思っている」

「シルバーストンでは本当に素晴らしい感触だった。そしてここもそうだ」

Additional reporting by Matteo Nugnes

次の記事
マルケス、クラッシュ後”小石が目の中に残った”まま、渾身のアタック

前の記事

マルケス、クラッシュ後”小石が目の中に残った”まま、渾身のアタック

次の記事

電動バイク『MotoE』ファーストシーズン、欧州で全5戦開催

電動バイク『MotoE』ファーストシーズン、欧州で全5戦開催
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Jamie Klein