「クアルタラロ起用は論理的」ロッシ、ファクトリー離脱決定もヤマハに憤りなし

シェア
コメント
「クアルタラロ起用は論理的」ロッシ、ファクトリー離脱決定もヤマハに憤りなし
執筆:
2020/02/15 5:32

2020年限りでのヤマハファクトリーチーム離脱が既に決定しているバレンティーノ・ロッシ。ヤマハによるファビオ・クアルタラロの獲得決定によって席を追われることになったロッシだが、彼はこの決定に憤ってはいないと語った。

 ロードレース世界選手権最高峰クラスで7度の世界タイトル獲得経験を持つバレンティーノ・ロッシ。生きる伝説とも呼ばれるロッシだが、2020年を最後にヤマハファクトリーチームを離れることとなった。

 ヤマハは2021年以降のライダーラインアップに、マーベリック・ビニャーレスと現在ペトロナス・ヤマハSRTに所属するファビオ・クアルタラロを起用することを決定したのだ。

 ロッシは現役を続けるか、引退するかは2020シーズン序盤のパフォーマンスを見てから決断する、と語ってきたが、ヤマハはそれより早くライダーラインアップを確定させた。ただ、ヤマハはロッシが現役続行を選んだ場合にはファクトリースペックのマシンを供給することを明確にしている。

 こうした状況の中、ロッシはヤマハに対して良い感情を持っていないのではないか、と推測する報道もあった。しかしロッシ自身はヤマハがラインアップを早期に確定させることは“論理的”であり、憤りなどは全く無いと主張している。

「ヤマハが僕を軽視した、とは言いたくない。なぜなら彼らは僕が現役を続けたい場合には、ファクトリーバイクで可能な限りサポートし続けてくれると話してくれていたんだからね」と、ロッシは言う。

「もちろん彼らが僕に『来年はクアルタラロを走らせる、君は出ていってくれ』なんて言ってきたなら、僕も動揺しただろう。でも依然として僕は自分の道を選べる立場にあるんだ」

 また、ロッシは2019年シーズン中にクアルタラロが才能を開花させ、先頭集団を争うひとりとなった後から、既にヤマハの決定を予想していたとも話した。

「驚いてはいない。本当にね。僕は去年の10月からこの事について考えていたんだ」

「タイラウンドの時に、それについて考えたのを覚えている。なぜなら彼のパフォーマンスが状況を変えたからだ」

「確かに、仮にヤマハがクアルタラロという選手を手にしていなかったなら、おそらく僕らはもう少し時間が得られただろう」

「もちろん僕はファクトリーチームのシートを確保するために“現役を続ける”とは言いたくなかった。そしてその後競争力がなかったら、それは僕にとって最悪の事態だ」

 ロッシに対し、もしも2020年以降も現役を続けると明らかにしていた場合、ファクトリーチームの席を確保できたかどうかを訊くと、彼は「良い質問だ。でもそれには答えたくないな」と語った。

「(チームマネージャー/リン)ジャービスに訊くべきだろう。彼はおそらく知っていると思うよ」

 

Read Also:

次の記事
MotoGPコラム:最高峰クラスを戦う3人のルーキー。“大化け”するのは誰だ?

前の記事

MotoGPコラム:最高峰クラスを戦う3人のルーキー。“大化け”するのは誰だ?

次の記事

想像していたのと違う!? 弟エスパルガロ、KTM新型の改善に驚く

想像していたのと違う!? 弟エスパルガロ、KTM新型の改善に驚く
コメントを読み込む