MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

ロッシ、ドーハGP予選は厳しい戦いになると予想。トラックコンディション悪化でグリップ低下

バレンティーノ・ロッシはMotoGP第2戦ドーハGP初日を終えた段階では「十分な速さが無い」と認めており、予選も厳しい状況になることを予想している。

ロッシ、ドーハGP予選は厳しい戦いになると予想。トラックコンディション悪化でグリップ低下

 ロサイル・インターナショナル・サーキットで、開幕戦カタールGPから2週連続で行なわれているMotoGP第2戦ドーハGP。初日のフリー走行でペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは苦戦気味で、Q2への直接進出が可能となる総合トップ10から外れる14番手となった。

 カタールGPでロッシは予選4番手を獲得するなど上位の速さを見せていたが、ドーハ初日は1分54秒112と、開幕戦よりもコンマ3秒遅いタイムを記録するに留まった。

 ロッシによると、ドーハGP初日はリヤグリップの欠如に悩まされており、2日目に向けて改善できる自信は持てていないという。

「苦戦している。リヤグリップとタイムアタックにかなり苦戦していて、十分な速さがなかったんだ」

 ロッシはそう語る。

「先週と同レベルのラップタイムを刻むことができなかった」

「先週末、僕は1分53秒8をマークすることができた。これなら(ドーハGP初日でも)トップ10に入るに十分なタイムだった。残念だけど今日は少し遅くなっていて、Q2進出圏外になってしまった。これは問題と言える」

「(2日目は)リヤグリップを見つけ、より強くなるためにトライしていく必要がある」

 初日の低調な出足に心配しているか、そう問われたロッシは次のように答えている。

「ああ。ペースが素晴らしいわけでもないし、改善していくための作業が必要だ」

「FP3でも改善していくための作業をするし。トップ10から大きく離れているわけでもないからQ1で上位に入ってQ2へ向かうためにトライするよ」

 なお開幕戦と比べた際のトラックコンディションの悪化には、ロッシ以外にも多くのライダーが不満を漏らしている。ヤマハのファビオ・クアルタラロも、YZR-M1のフィーリングが悪くなっていると感じていると認めている

「コンディションに変化がなければ、僕らは今日のようなラップタイムが限界だろう。トラックを走っていて悪い感触があるんだ」と、クアルタラロは語る。

「トラックに出るとグリップしているように全然感じられない。ドゥカティ勢は良いみたいだ。でも僕らのバイクの強みであるコーナリングやグリップが、今日は素晴らしくは感じられなかった」

「だから明日はより良いコンディションになって、僕らが少しでも速く走れればいいと思う。今日は素晴らしいフィーリングとは行かなかったからね」

「全体としてコンディションは良くない。僕らは減速の部分で苦戦していて、かなりチャタリングが出てしまっている。先週と比べて全くコンディションが違っているんだ。2日目はグリップが改善されて、良いラップタイムを出せることを願っている」

 

Read Also:

シェア
コメント
王者ミル「タイヤ交換のタイミングが良くなかった」初日13番手で予選Q1スタート濃厚な状況

前の記事

王者ミル「タイヤ交換のタイミングが良くなかった」初日13番手で予選Q1スタート濃厚な状況

次の記事

MotoGPドーハFP3:風強く砂塵舞う難コンディション。クアルタラロ首位もタイムは初日に及ばず

MotoGPドーハFP3:風強く砂塵舞う難コンディション。クアルタラロ首位もタイムは初日に及ばず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント カタールGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ
執筆者 Lewis Duncan