MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

バレンティーノ・ロッシ、26年目迎えた今も貪欲。“ただ走るだけ“は御免と結果求める

バレンティーノ・ロッシは2021年にペトロナス・ヤマハSRTへ移籍したが、彼は変わらず勝利を狙っており、ただキャリアを重ねるために走っているわけではないと語った。

バレンティーノ・ロッシ、26年目迎えた今も貪欲。“ただ走るだけ“は御免と結果求める

 9度の世界タイトル獲得経験を持つバレンティーノ・ロッシ。彼はグランプリ26年目となる2021年シーズンに、ヤマハファクトリーチームからペトロナス・ヤマハSRTへ移籍した。

 久々のサテライトチーム加入となるロッシだが、彼は今季も変わらず勝利を目指して戦い、決してMotoGPで“時間を過ごす”ためにレースをするわけではないと語った。

 なおロッシの契約は2021年の単年となっており、2022年以降に関して現役を続行するかどうかはまだ分からない。ただペトロナス・ヤマハSRT代表のラズラン・ラザリはヤマハとの間にはロッシが満たすべきパフォーマンス水準が存在すると認めている。

 彼がグランプリで最後に勝ったのは2017年のオランダGP。直近2年間での表彰台獲得は2回という状況であり、彼の現役継続のモチベーションに疑問を投げかける向きもある。

 ロッシ本人はモチベーションの源が“バイクレースの楽しさ”だと繰り返し表明している。ただ決して楽しさだけでMotoGPのグリッドに着いているわけではないとも主張している。

 26回目のシーズンに向け、何を期待しているのか? それをロッシに訊くと彼は「人生だ。26シーズンというのはとても長い」と答えた。

「でも僕はただそこで過ごすためにレースをしているわけじゃない。今年は僕にとってとても大事なシーズンだ。それにはここ2年のことがあって、僕の求めているモノよりも結果が劣っていたからだ」

「リザルトは重要になるし、鍵となるだろう。僕はより強くなりたいと思っているし、過去2年よりもさらに競争力をつけたい。表彰台を争い、勝利を争って、シーズンを通じて競争的でありたいと思っているんだ」

「新型コロナが収まっていない場合でも、昨シーズンよりも通常に近くなり、適切な時期に全て異なるコースを使用できればと願っている」

「目標は強くあること、(シーズンの)最初から最後まで競争力を発揮することだ」

 ロッシは2022年以降に関しては、前半戦を通して自身のパフォーマンスを評価してから、ヤマハとの話し合いに臨みたいとしている。

 ヤマハ側がロッシに求めているパフォーマンス水準は不明だが、ロッシは表彰台や勝利を争うことができれば、さらなるキャリア延長に向けた道が開くだろうと語った。

「サマーブレイク中に決めると思う」

 2022年の計画について、ロッシはそう語った。

「だから決定の前、シーズン前半を良いものにして行きたい」

「決定はリザルトによる。僕が強く、表彰台や勝利を争うことができているなら、また(キャリアを)続けることができるだろう」

「そうでない場合は、ノーだ。だから夏頃に決めるつもりだ」

「それは簡単な決定じゃない。でも全ては結果によることは確かだ」

「僕が勝利、そして表彰台に向け争うことが可能なら、またもう1年続けられると思う。でもこれは僕個人の考えだ。チームとは話していないし、ヤマハとも話していない。恐らく彼らは僕に決定権は無いと言うだろう! それも可能なことだ」

「(現役を続けるかどうかは)僕の人生の多くを変えるだろう。だけどそんなに心配はしていない。長いキャリアを積んできたことは分かっているし、僕はハッピーだと知っているからね」

 

Read Also:

シェア
コメント
スズキ戴冠後にアルピーヌF1へ移籍……「断っていれば後悔しただろう」とダビデ・ブリビオ

前の記事

スズキ戴冠後にアルピーヌF1へ移籍……「断っていれば後悔しただろう」とダビデ・ブリビオ

次の記事

アプリリア、2021年のMotoGP参戦体制を発表。エスパルガロに加え、サヴァドーリを起用

アプリリア、2021年のMotoGP参戦体制を発表。エスパルガロに加え、サヴァドーリを起用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ
執筆者 Lewis Duncan