MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
5 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
19 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
25 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
26 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
33 days
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
47 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
54 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

「僕より若いんだから」現役最年長のロッシ、ロレンソ&ペドロサは“復帰”可能と語る

シェア
コメント
「僕より若いんだから」現役最年長のロッシ、ロレンソ&ペドロサは“復帰”可能と語る
執筆:
協力: Matteo Nugnes

ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、MotoGPのライバルとしてしのぎを削ってきたダニ・ペドロサとホルヘ・ロレンソが2021年に現役復帰することも可能なだけの力を持っていると語った。

 2018年、2019年は大物ライダーの引退が続いた。18年末にはダニ・ペドロサが、そして19年末にはホルヘ・ロレンソといった近年のMotoGPにおける“主役の一画”を務めたライダーが立て続けに現役を退いたのだ。

 引退後ペドロサはKTMのテストライダーに就任し、ロレンソも古巣のヤマハへ戻り、ペドロサと同じくテストライダーの任に就いた。

 ロレンソはレプソル・ホンダで時代にマシンへの適応に大きく苦戦しそのまま引退することになったが、ヤマハではYZR-M1を走らせることを非常に楽しんでいる様子で、現役復帰の可能性は“わずかに”上がったと話している。

 ペドロサもその能力に衰えは見られない。セパンテスト2日目には、トップタイムを記録したファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)から0.090秒差で3番手につけてみせた。

 しかしペドロサは再びレースに出場することについては否定的だ。ヨハン・ザルコがKTMを離脱した後、代役としてレースへ出場するチャンスがあったものの、彼はそれを断っている。

 ペドロサ、ロレンソは現役を引いたものの、彼らと幾度もバトルを繰り広げてきたバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は今も現役だ。

 そのロッシはセパンテストで彼らとコースを共にしたが、ふたりとも現役復帰できるように見えると語っている。

「トラック上でダニと会ったけど、彼は本当に速かったと思う。3番手タイムを記録しているんだ」

「ロレンソとペドロサが復帰しないのはなんでだろうね? ライディングへの情熱を取り戻したように見えるし、また彼らを見れるのは良いことだよね」

「ロレンソは難しいシーズンを過ごしてきたけど、ヤマハに乗ってすぐに元気を取り戻したように見える。ペドロサはチャンピオンシップのプレッシャーや責任が好きではないかもしれないけど、ライディングは好きだろう」

「それに彼らは僕よりも若い。だから戻ってくるかもしれないね」

 セパンテストの最中、ロレンソがロッシにアドバイスするシーンも見られた。ロッシはロレンソの起用をヤマハに後押したと語っていたが、“アシスタントコーチ”ロレンソの存在が非常に重要だと話している。

「ロレンソはとてもフレンドリーで、落ち着いていた。引退すると性格も良くなるのかもね。僕もいつかそうなる日がくるといいね!」

 なお2月22日からはカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットでテストが予定されているが、ロレンソはそれに帯同するのではなく、3月に日本でテストを行なうと見られている。

 

Read Also:

ドーピング疑惑のイアンノーネ、開幕戦出場はムリ? アプリリア代表は今も“潔白”信じる 

前の記事

ドーピング疑惑のイアンノーネ、開幕戦出場はムリ? アプリリア代表は今も“潔白”信じる 

次の記事

MotoGPカタールテスト初日:スズキがトップ2占める好スタート。マルケス兄は6番手

MotoGPカタールテスト初日:スズキがトップ2占める好スタート。マルケス兄は6番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ダニ ペドロサ , ホルヘ ロレンソ , バレンティーノ ロッシ
チーム KTM , Yamaha Factory Racing
執筆者 Valentin Khorounzhiy