MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

ロッシ、バイクの改善に満足。ランキング2位につけるも「マルケスが”本命”」

シェア
コメント
ロッシ、バイクの改善に満足。ランキング2位につけるも「マルケスが”本命”」
執筆:
2019/04/19 9:02

バレンティーノ・ロッシは、現時点でタイトル争いが僅差なのは、マルク・マルケスがアメリカズGPでリタイアしたからに過ぎないと考えている。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、MotoGP開幕から3戦を終えて、ランキングトップのアンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)に次ぐ、ランキング2位につけているが、全く楽観視していないようだ。

 第3戦アメリカズGPは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで無類の強さを発揮し、6年連続で優勝を挙げていたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が、トップ走行中に転倒しリタイアするという、まさかの展開となった。

 その結果、MotoGP初優勝を挙げたアレックス・リンス(スズキ)がランキング3位に浮上。ランキング上位は、首位のドヴィツィオーゾからロッシ、リンス、ランキング4位となったマルケスまでが9ポイント以内にひしめく接戦となっている。

第3戦アメリカズGP終了時点のポイントランキング

  ライダー バイク ポイント Qatar Argentina United States
1 Italy アンドレア・ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 54 25 16 13
2 Italy バレンティーノ・ロッシ ヤマハ 51 11 20 20
3 Spain アレックス・リンス スズキ 49 13 11 25
4 Spain マルク・マルケス ホンダ 45 20 25 0

 しかしながらロッシは、アメリカズGPでマルケスが転倒していなければ、ランキングを大きくリードしていたはずだと強調した。

「チャンピオンシップ上位の4人は、それぞれ違うバイクに乗っている。だからとても均等だ」

「ルールによって、週末がとても活気にあふれている。そしてドヴィツィオーゾに起きたように、最速のライダーのうちのひとりが予選Q2に入れないということが時々起きるんだ」

「それは良いことだけど、今の状況はマルケスが転倒したから、とてもバランスが取れているだけなんだと言わなければならない。そうでなければ、マルケスが抜け出ているだろう」

「マルケスが最有力候補なのは変わらない。カタールでは2位だったし、アルゼンチンでも彼がレースを支配していた。そしてここ(オースティン)でも、彼は転倒しなければ勝っていただろう。だから、彼が本命なんだ」

 一方マルケスは、これまで無敗を誇っていた地でリタイアに終わったことについて、イライラしていると認めた。

「前向きに考えるのなら、ポイントリーダーから9ポイントしか離されていないということだ」

「でも、とても快適に感じることができていたこのサーキットで、25ポイントを投げ捨ててしまったことにイライラしている」

 アルゼンチンGPとアメリカズGPで2戦連続2位を獲得したロッシだが、これはシーズン序盤のチャンピオンシップをリードした2017年と同じリザルトだ。

 ヤマハが2019年に向けて施した様々な変更が、不調だった昨年との違いにつながっているとロッシは考えている。

「何かが変わったことに、とても満足している。なぜなら、昨年はそれが起こらなかったからだ」

「ヤマハが献身的でいてくれれば、チャンピオンシップに勝てるようなバイクを得られるポテンシャルはある」

「彼らが冬の間に実行した大きな変更も機能しているし、エンジンも適切だ。だが、ホンダやドゥカティが過去そうだったように、我々はシーズン中に改善していかなければいけない」

Additional reporting by Charles Bradley

次の記事
タイトル候補は4人……ドヴィツィオーゾ「マルケスにも弱点はまだある」

前の記事

タイトル候補は4人……ドヴィツィオーゾ「マルケスにも弱点はまだある」

次の記事

JSB1000鈴鹿レース1|高橋巧がポール・トゥ・ウィン! 中須賀はまさかの転倒リタイア

JSB1000鈴鹿レース1|高橋巧がポール・トゥ・ウィン! 中須賀はまさかの転倒リタイア
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第3戦アメリカGP
ドライバー マルク マルケス 発売中 , バレンティーノ ロッシ 発売中
執筆者 Jamie Klein