MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
28 days

ヤマハ、2020年型のテスト予定も……ロッシ&ビニャーレスは今季を諦めず

シェア
コメント
ヤマハ、2020年型のテスト予定も……ロッシ&ビニャーレスは今季を諦めず
執筆:
2019/08/03 5:42

ヤマハはチェコGP後に2020年型のプロトタイプをテストする予定だが、ロッシとビニャーレスはまだ今季を諦めているわけではないと語った。

 ヤマハはチェコGP終了後の月曜日に行われるテストにおいて、2020年仕様のエンジンの初期型を試す予定であり、早くも来シーズンへ向けた準備を本格的に進めているように思える。

 今シーズンのヤマハは、バレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスの両ライダー共が既にポイントリーダーのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)に100ポイント以上の差をつけられていることから、既にタイトル争いからは脱落していると言える状況だ。

 しかしロッシは、ここ4戦で8ポイント獲得に留まっているにも関わらず、2019年シーズンを諦めるには早すぎると主張。ビニャーレスも同様の考えを示した。

「2020年を待ち焦がれることはできない」と、ロッシは言う。

「今シーズンに集中する必要がある。まだ10戦も残っているんだから」

「ここ4戦、苦戦して厳しいレースが続いていた。特に去年はこの時期競争力があったから期待していたんだ」

「僕らはより良い形で取り組んで行く必要がある。サマーブレイクは後半戦をもっと良い形で進めていくためのバッテリー充電に役に立ったよ」

「来年はもっと上手くできればと思う。だけど第一に僕らが考える必要があることは、残る10レースなんだ」

 チームメイトのビニャーレスは「バレンシアでチェッカーフラッグが振られた瞬間に2020年が始まるだろう」と加えた。

「僕は今年に集中していたい。ライディングスタイルの改善や、メンタル面……特に作業方法の改善などだね」

「僕らにとても合ったサーキットがいくつかある。それはシルバーストンだったりオーストラリア(フィリップアイランド)……それからアラゴンなどでも速さを発揮できるだろう」

「何勝できるかどうかについては考えていない。それぞれのレースで最大限の力を発揮することだけを考えているんだ」と、ビニャーレスは語った。

 また、イタリア系のメディアがロッシの引退を噂している件については、ロッシ本人がこれを否定した。

「そういった事を言っているのを眺めるのは面白いね。だけど彼らは事実無根のことを言っている」とロッシは語る。

「僕は今年レースをするし、来年もそうだ。そこに疑いはないよ」

「だけどこれを書いた人たちも、その事は分かっていたと思うよ。僕の考えではね」

Read Also:

次の記事
チェコGPの最右翼はドヴィツィオーゾ? マルケスがペースを警戒

前の記事

チェコGPの最右翼はドヴィツィオーゾ? マルケスがペースを警戒

次の記事

MotoGPチェコFP3:ウエット路面でマルケスが首位。中上は予選Q1スタートに

MotoGPチェコFP3:ウエット路面でマルケスが首位。中上は予選Q1スタートに
コメントを読み込む