VR46チーム、2022年のタイトルスポンサーが決定。金融系企業Mooneyが就任へ

バレンティーノ・ロッシのVR46チームのMotoGPクラス参戦に向けては、スポンサー関連で混乱が続いていたが、2021年末に新情報が発表。イタリアの金融企業がタイトルスポンサーに就くことが明かされた。

VR46チーム、2022年のタイトルスポンサーが決定。金融系企業Mooneyが就任へ

  2022年シーズン、バレンティーノ・ロッシ率いるVR46チームがMotoGPの最高峰クラスに参戦を開始する。しかし今年4月のMotoGPクラス参戦発表以来、スポンサー関連に不透明なところがあり、ロッシは度々質問攻めにされてきた。

 MotoGPクラスへの参戦がサウジアラビアのタナール・エンターテイメント・スポーツ&メディアによって明かされた際、タイトルスポンサーには同国の石油大手であるサウジアラムコが就くとされていた。しかし同社はVR46との契約が存在しないと繰り返しコメントを発した一方、10月末の段階ではVR46のパブロ・ニエト(チームマネージャー)がアラムコとは交渉中だと明かしていた。

 ただ2021シーズン終了後に公開された2022年の暫定エントリーリストでも、VR46にタイトルスポンサーはない状態だった。

 しかし今回ようやく、VR46チームのタイトルスポンサーが決定したことが明かされた。アラムコではなく、イタリアの金融系企業Moooneyが彼らのMotoGPクラスおよびMoto2クラスのタイトルスポンサーとなる。

 VR46の声明には次のように記されている。

「イタリア初のプロキシミティバンキング&ペイメント企業であるMooneyが、バレンティーノ・ロッシによって創設された世界選手権のMotoGPとMoto2クラスにおけるVR46レーシングチームの新たなタイトルスポンサーに就任する」

「この合意により、チーム名称はMooney VR46 Racing Teamとなる。これらの名称はバイクやライダースーツなどを含むチームの全てのイメージと、公式的な発表において使用される」

「さらなる情報が、(2022年)1月3日に公開される予定だ」

 VR46チームはMotoGPクラス参戦にあたって、ライダーにルカ・マリーニとマルコ・ベッツェッキを起用。マシンはドゥカティのデスモセディチGPを使用する。

 
Read Also:

シェア
コメント
【特集】"ポスト・ロッシ”後の世界、新時代に突入するMotoGPはどうなるのか?
前の記事

【特集】"ポスト・ロッシ”後の世界、新時代に突入するMotoGPはどうなるのか?

次の記事

2021年motorsport.com日本版 『読み忘れ厳禁』珠玉の特集記事15選!

2021年motorsport.com日本版 『読み忘れ厳禁』珠玉の特集記事15選!
コメントを読み込む