WSBK転向のガードナー、来季はレース数が減る”バグ”に遭遇。MotoGPは開催数が限界と指摘

2023年のWSBK転向が決まったレミー・ガードナーは、両シリーズの開催数を見ても、MotoGPは既にスケジュールが限界に達していると語った。

WSBK転向のガードナー、来季はレース数が減る”バグ”に遭遇。MotoGPは開催数が限界と指摘
Listen to this article

 MotoGPに参戦中のレミー・ガードナーは、現在のレース開催スケジュールが限界に達していると考えている。

 MotoGPは2022年に、全20レースを開催。フィンランドGPが開催中止となるまでは、全21戦と史上最多レース数を更新する予定だったなど、MotoGPは近年カレンダーが拡大される傾向にある。

 さらに2023年シーズンからMotoGPはスプリントレースの導入を決定。それにより、最高峰クラスはレース数が倍増することになった。

 スプリントレース自体は、MotoGPと運営を同じくするドルナ・スポーツが既にスーパーバイク世界選手権(WSBK)に導入済み。現在WSBKは1ラウンドあたり3回のレースが行なわれている。

 そのWSBKには来年から、ガードナーが参戦する。ガードナーはMotoGPからの転向によって、”今季の開催数をベースに”考えると年間20レースから、年間36レースへと大きくレース数が増えることになる。

Read Also:

 しかし、前述のようにMotoGPがスプリントレースを導入することになったため、仮に今年と同じ開催数であったとしても、WSBKよりもMotoGPのほうがむしろレース数が増えるということになる。

 ガードナーはWSBKへの転向に関して、現在のMotoGPの過密スケジュールなどが関係あったのかと尋ねられたが、次のように答えている。

「ええと、今年の(WSBKが)12ラウンドだったよね?」

「つまり、来年はMotoGPよりも10ラウンドほど少なくなるということだ」

「そこは僕にとってはクールな点だね。余暇には他の趣味だってあるし、良いことだよ」

「今年ですら本当に厳しいし、来年は土曜日にまたレースがあるから、もっと厳しくなるだろう」

「だからそうだね、僕は限界に近づいていると思う。でも他の人たちはそうは思っていない、のかもしれないね」

 なおガードナーには再びMoto2クラスに参戦するという選択肢もあった。しかしガードナーとしても、2021年に王者となったクラスに戻ることに意味を見いだせなかったという。

 一方で、チャンスがあればWSBKからMotoGPへ戻ってくることも可能ではある。ただガードナーは将来的なチャンスはあまりないだろうと悲観的だ。

「正直なところ、MotoGPに戻るチャンスがあるかどうかは分からない」

「僕は、自分が(MotoGPを戦う)準備ができていなかったとは思っていない。今でも、ここでポジティブな何かができると感じているんだ」

「そして、率直に言って戻ってくるかどうかを言うことはできない。そもそもスーパーバイクが好きすぎて、戻って来たいと思わないかもしれない」

「MotoGPに戻って、特に馴染みある人たちに”間違っていたこと”を証明したいという気持ちもある。でも今それについて話すことはできないよ」

 
Read Also:

シェア
コメント
バスティアニーニ、ファクトリーチーム負かして4勝目に喜び「バニャイヤは手強いからこそ、最高の勝利だ!」
前の記事

バスティアニーニ、ファクトリーチーム負かして4勝目に喜び「バニャイヤは手強いからこそ、最高の勝利だ!」

次の記事

エスパルガロ兄、優勝争いできずも表彰台に喜び「週末の始まり方を考えれば、満足できる」

エスパルガロ兄、優勝争いできずも表彰台に喜び「週末の始まり方を考えれば、満足できる」