スズキ、2020年のサテライトチーム設立は断念?

シェア
コメント
スズキ、2020年のサテライトチーム設立は断念?
執筆:
2019/05/14 6:03

スズキのチーム代表であるダヴィデ・ブリビオは2020年にサテライトチームを持つことは無いだろうと語った。

 2015年からMotoGPへ復帰したスズキ。今シーズンはアレックス・リンスが3年ぶりの優勝を果たすなどマシンの戦闘力は上昇しているし。しかし、MotoGPにおいてファクトリーチームの2台のみで参戦しているのはスズキとアプリリアのみであり、2台より4台のマシンを走らせた方がより多くのデータを収集でき、開発が進む事は明らかだ。

 実際、スズキはグリッド上に、スズキのマシンを使ってエントリーするサテライトチームを見つけることが目標となっている。昨年はスズキとマルクVDSが契約に近付いていたが、彼らは今シーズンのMotoGP参戦を取りやめてしまった。

 スズキのチーム代表を務めるダヴィデ・ブリビオは、今年のはじめ、2020年にセカンドチームをつくるための速やかな進捗を目指していると話していた。しかし、日本のスズキ・浜松本社の上層部と物事を進める事に、予想以上の時間がかかっていることを認めた。

「サテライトチームは2021年より前にはできそうもない」と、ブリビオはmotorsport.comに語った。

「追加2台のマシンをカバーするための物流や資材といった物について、ファクトリーと話をしている。しかし、進みはゆっくりとしている」

 スズキがサテライトチームを得る機会は、他のインディペンデントチーム(ファクトリー以外のチーム)が既に他のメーカーとの強い繋がりを持っているという事実によって、困難な状況となっている。

 LCR、テック3、プラマックそしてペトロナスSRTらはファクトリーとの緊密な関係を築いており、アヴィンティアが2020年にスズキと契約可能な唯一のチームとなっていた。

 しかし昨シーズン、アヴィンティアはドゥカティとの関係を少なくとも1年間(2019年分)延長することを決定し、契約のオプションには2020年をカバーできる条項が含まれているという。

 また、アプリリアもサテライトチームの居ないメーカーだ。しかしアプリリアは現在のところ、セカンドチームを持つ以前に、新加入のテストライダーである、ブラッドリー・スミスのワイルドカード参戦の助けを借りて競争力を高めることに集中している。

 現在のMotoGPのグリッドには、理論的にはあと2台の空きがある。それらはプロモーターであるドルナによって、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)の引退後に、彼のチームVR46が最高峰クラスに参戦する時のために確保されている。

次の記事
“違い”を作っているのはクアルタラロ……ロッシ「マシンに差は無い」

前の記事

“違い”を作っているのはクアルタラロ……ロッシ「マシンに差は無い」

次の記事

新型RC213Vは“別の”マシン? クラッチロー「シャシーは去年のほうが良い」

新型RC213Vは“別の”マシン? クラッチロー「シャシーは去年のほうが良い」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 Oriol Puigdemont
まずは最新ニュースを読む