イアンノーネ「スズキとのパッケージは良かった。双方にとって残念」

シェア
コメント
イアンノーネ「スズキとのパッケージは良かった。双方にとって残念」
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
2018/06/03 2:22

今季限りでのスズキを離脱するイアンノーネは、スズキとのパッケージは良かっただけに離脱は残念だと話した。

Andrea Iannone, Team Suzuki MotoGP
Andrea Iannone, Team Suzuki MotoGP
Andrea Iannone, Team Suzuki MotoGP
Andrea Iannone, Team Suzuki MotoGP
Andrea Iannone, Team Suzuki MotoGP
Andrea Iannone, Team Suzuki MotoGP

 2018年限りでスズキを離脱するアンドレア・イアンノーネ。母国グランプリである今週末のイタリアGPでは、金曜日の走行をトップタイムで終え、自身とスズキとのパッケージが良かっただけにチーム離脱は双方にとって残念だと彼は語った。

 木曜日、イアンノーネは来年以降のスズキとの契約は延長されないだろうと明かした。その翌日、彼は2回のフリー走行でいずれもトップタイムを記録した。

 今シーズンはアメリカズGPとスペインGPで2戦連続表彰台を獲得しているイアンノーネだが、来年は彼に代わって今シーズンMoto2に参戦しているジョアン・ミルがチームに加入するものとみられている。なお、現在のチームメイトであるアレックス・リンスは先日チームと2年契約を締結したことをすでに発表している。

 リンスはアルゼンチンGPで最高峰クラス初の表彰台を獲得したものの、現在のランキングは12位(イアンノーネは7位)。金曜日のフリー走行ではそれぞれ12番手、15番手だった。

「僕は(スズキに)残らないだろう。双方にとって残念なことだ。そうだろう?」とイアンノーネ話した。

「今の”イアンノーネ-スズキ”パッケージは本当に良いものだ」

「でもスズキはアレックス・リンスとミルを選んだのだと思う」

「今はトップに留まることが重要だ。僕は100%仕事をしているし、シーズンが終わるまで100%プッシュする。レースでは常にベストを尽くせるようにしている。2019年、そして将来スズキが上手くいくことを願っている」

 またイアンノーネは、”自分にとって、そしてスズキにとっても”自分自身が正しいということを証明するつもりであることを認めた。今週末の舞台であるムジェロは、彼が初めてポールポジションを獲得したサーキットであり、ドゥカティ時代には2度表彰台を獲得している。

「イタリア、つまり母国という僕にとって特別な場所でトップで(グランプリウィークを)始めることができたので、今日はとても満足している」

「今日は僕にとって本当に、本当に特別な日だ。なぜならこのようにスタートを切ったのは初めてのことだからだ。バイクのフィーリングはとても良かったし、良い作業をして、少し改善できている」

 彼は1周のタイムだけでなく、レースペースからも勇気づけられたと語った。

「いずれにせよ、金曜日の午後にはベストなペースがあったと思う」

「レースでは常に少し難しくなると思う。全員が拮抗しているし、大抵の場合は苦労する。でもここではフィーリングも良いし、競争力を持てることを願っている」

 イアンノーネは予選でも好調さを維持し、2台のヤマハとホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)に次ぐ4番手を獲得している。

Additional reporting by Matteo Nugnes

次の MotoGP ニュース
イタリアGP予選:地元の英雄ロッシがレコード更新PP! 中上18番手

前の記事

イタリアGP予選:地元の英雄ロッシがレコード更新PP! 中上18番手

次の記事

大クラッシュのピッロ、”脳しんとう”と診断。イタリアGPは欠場か?

大クラッシュのピッロ、”脳しんとう”と診断。イタリアGPは欠場か?

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント イタリアGP
ロケーション ムジェロ・サーキット
ドライバー アンドレア イアンノーネ
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 Valentin Khorounzhiy
記事タイプ 速報ニュース