MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

スズキ、ライバルからの“完璧なバイク”との賞賛にもプレッシャーは無かった?

MotoGP2020シーズンで、ジョアン・ミルがタイトルを獲得したスズキ。彼らのGSX-RRは“完璧”との評価も聞かれていたが、チームとしてはそれをプレッシャーには感じていなかったという。

スズキ、ライバルからの“完璧なバイク”との賞賛にもプレッシャーは無かった?

 11月にポルトガルで閉幕した2020年のMotoGP。新型コロナウイルスの影響を大きく受けた今季は、スズキのジョアン・ミルがタイトルを獲得した。

 6度のMotoGP王者であるマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が怪我で欠場する中、ミルは最も一貫性のある走りを披露。1勝を含む7度の表彰台を獲得し、スズキに20年ぶりの最高峰クラス王座を持ち帰った。

 スズキはコンストラクターズランキングではドゥカティとヤマハに敗れ3位に終わったが、ミルとアレックス・リンスが合わせて11度の表彰台と、2020年シーズンのリザルトは非常に良いものだった。

 ライバルもスズキのGSX-RRの仕上がりの良さには称賛を隠しておらず、ときにはグリッド上で“完璧なバイク”とまで呼ばれていた。

 そうしたライバルからのコメントは、スズキにとって追加のプレッシャーにはならなかったのか? その点をチームマネージャーであるダビデ・ブリビオに尋ねると、彼は次のように答えた。

「これが“完璧なバイク”なのかは、私にはわからない」

 ブリビオはそう語る。

「全ての部分で、非常にいいバランスを備えているとは思う。良好なエンジンやシャシー、タイヤとの相性……そしてライダーが学ぶことによるバイクとのコンビネーションだ」

「アレックスは既に良いライダーだったし、ジョアンはタイヤのマネジメント方法や、ベストな乗りこなし方を学んでいた」

「完璧なバイクなのか、そうでないのかは私にはわからない。ただ完璧というのはありえないことだ。たしかに良いバランスのパッケージではあるがね。そして、ライバルがそう言っていたとしても、追加のプレッシャーにはならないよ」

 スズキはMotoGPに参戦するメーカーの中ではかなり規模が小さいと言われている。実際、走らせているマシンはアプリリアと同じく、ファクトリーの2台のみだ。

 2019年にはスズキはホンダ・レーシング(HRC)を手本に、社内カンパニー制ではあるがスズキ・レーシングカンパニー(SRC)を設立していた。

 しかしブリビオは、それでもスズキの予算や体制が他メーカーと相対的に比較すると小規模なことから、チームが“創造的”であることを迫られていると語った。

「スズキは大きな会社だし、健全な状況にあると思う」と、ブリビオは言う。

「だが我々がレースに向けて確保している予算は、おそらく他のメーカーの大きさと近いことはないだろう」

「無制限のリソースや、巨大なリソースが無いことで、より創造的であることに迫られているのは確かだ。例えば、スタッフの面では他よりもウチは少ないかもしれない。もちろん、人の数を増やすことを要望している」

「だがその一方で、(小規模なことは)混乱を少なくするかもしれない。十分な数と、多すぎないことの適切なバランスを見出すことは必要だ」

「仮に我々が優れているとしても……組織のいくつかの領域では改善できるものもある」

「しかし今現在は、COVIDを始めとする様々なものがあるため、できる限り安定し続けることが必要だ」

 

Read Also:

シェア
コメント
骨折で3度目手術のマルク・マルケスが退院。自宅で療養継続へ

前の記事

骨折で3度目手術のマルク・マルケスが退院。自宅で療養継続へ

次の記事

グレシーニ・レーシング、2022年以降もMotoGP継続へ。アプリリアからは離脱

グレシーニ・レーシング、2022年以降もMotoGP継続へ。アプリリアからは離脱
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 Lewis Duncan