ギュントーリ、スズキの2019年型エンジン&エアロで日本GP参戦

シェア
コメント
ギュントーリ、スズキの2019年型エンジン&エアロで日本GP参戦
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/10/19 7:23

日本GPにスズキからワイルドカード参戦するギュントーリは、2019年仕様のエンジンとエアロフェアリングを使う予定だ。

 スズキは、日本GPにワイルドカード参戦するシルバン・ギュントーリのマシンに2019年仕様のエンジンとフェアリングを搭載し、レースを戦わせる予定だ。

 ギュントーリは、バルセロナとブルノに続き、今季3度目のワイルドカード参戦を果たしている。

 そのギュントーリは先週、このもてぎで2日間のテスト走行を担当。2019年仕様のエンジンを試した。そしてチームマネージャーのダビデ・ブリビオは、金曜日の朝に、ギュントーリがFP1で来季用エンジンを使っていることを認めた。

「ギュントーリは、よりパワフルになったエンジンアップグレードを試した。彼はすでに、もてぎでのプライベートテストでもそれを試している」

 ブリビオはMotoGP.comにそう語った。

「彼が語った印象は良かった。我々はレースでそれがどんなパフォーマンスを発揮するのか、確認するつもりだ」

「我々はまた、新しい空力(フェアリング)も持っている。明日、これを試すつもりだ。ギュントーリは2019年に向けたモノをテストしている」

「我々は2019年の最初のレースに向けて全てを整えるために、バレンシアテストに向けた準備を行っている」

 なおリンス曰く、ギュントーリはあくまで来季に向けてのテストを行っており、今シーズン終盤に向けたテストを行っているわけではないと語った。

「彼(ギュントーリ)は今、来年に向けたバイクをテストしている。彼が来季に向けてテストしているモノを、僕らは見なきゃいけないんだ」

 そうリンスは語った。

「彼らはバイクのすべてのエリアに手を入れている。でも、シーズン終盤の残りのレースに向けては何も試していない」

次の記事
MotoGP日本FP1|ドヴィツィオーゾ最速。中上13位、中須賀15位発進

前の記事

MotoGP日本FP1|ドヴィツィオーゾ最速。中上13位、中須賀15位発進

次の記事

MotoGP日本FP2|最後の日本GP、ペドロサが首位。マルケスらは走らず

MotoGP日本FP2|最後の日本GP、ペドロサが首位。マルケスらは走らず
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 日本GP
ドライバー Sylvain Guintoli
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース