速報ニュース
MotoGP Sepang February testing

アプリリアの新型は“アンビリーバブル!” エスパルガロ兄「フォワードヤマハを思い出す」

アレイシ・エスパルガロはアプリリアが投入した新型マシンについて、2019年型から大きく改善されていると称賛の言葉を語った。

Aleix Espargaro, Aprilia Racing Team Gresini

 アプリリアはマレーシアのセパン・サーキットで行なわれたシェイクダウンテストに、大幅に設計を変更した新型マシンを投入。レギュラーライダーのアレイシ・エスパルガロはその3日目に新型マシンを走行させた。

Read Also:

 同サーキットで続いて開始されたオフィシャルテストの初日に、アレイシは1分59秒427を記録。トップタイムのファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)からは0.482秒差だった。

 彼は新設計の90度V型4気筒エンジンを搭載する2020年型マシンについて、前年型から大きく改善されていると絶賛した。

「間違いなくとても良くなっている」と、アレイシは2019年型との比較について答えた。

「どの部分もとても新しくなっているから、比較するのは難しい。僕が最高だと言えそうなのはコーナリングだ。フロントブレーキをリリースした時、バイクはさらに曲がるんだ」

「ライディングポジションも良くなっている。新型エンジンの特性はとても乗りやすくなっている……“超”刺激的だ」

「加速の部分ではまだ失っているところはあるけど、初日全体としては僕は満足している。このバイクにはまだ多くのポテンシャルがあると思う」

「コーナリングを別にしても、マシン全体の安定性やスムーズさは信じられないほどの物だ」

「5年前に乗っていたフォワードヤマハを少し思い起こさせるものだった。これまでに手にしたバイクでも最高のひとつに入ると思う。僕らはまだ(新型の開発を)始めたばかりだけど、良い方向に向かっているよ」

弟ポルのKTMも大きく改善か

 また、弟のポル・エスパルガロ(KTM)はセパンテスト初日を兄と0.1秒差の8番手タイムで終えている。

 シェイクダウンから数えて2020年型のマシンのテストも4日目となるが、ポルは新型について昨年から大きく改善されていると話した。

「僕らKTMは1年ごとに完全新型のマシンを使うチームじゃない。ゆっくりと新しいパーツを使って、全てをまとめあげることを好むんだ」と、ポルは話す。

「これはマシンパッケージを改善するための最も安全な方法だと思う。とても上手くやれているし、実際僕らのペースは去年のファステストラップに近づいている。だから僕らは去年よりもかなり良くなっているということだ」

「シェイクダウンから改善していて、いい感触だ。これまで苦戦していたマレーシアでより競争力が持てていると思う」

「エンジン、そしてシャシーがよくなっている。テストする時間がなかったスイングアームを持ち込んでいるから、それは試す必要があるね」

「バイク全体はかなり変わっていると思う。でもまだ改善する余地があるとも思っている。バイクの2割は開幕戦前に変更を施す必要があるね」

 

Read Also:

Pol Espargaro, Red Bull KTM Factory Racing
Pol Espargaro, Red Bull KTM Factory Racing
Pol Espargaro, Red Bull KTM Factory Racing
Aleix Espargaró, Aprilia Racing
Aleix Espargaro, Aprilia Racing Team Gresini
Aleix Espargaro, Aprilia Racing Team Gresini
Lorenzo Savadori, Aprilia Racing Team Gresini
Brad Binder, Red Bull KTM Factory Racing
Brad Binder, Red Bull KTM Factory Racing
Iker Lecuona, Red Bull KTM Tech 3
Iker Lecuona, Red Bull KTM Tech 3
Miguel Oliveira, Red Bull KTM Tech 3
12

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 「肩の状態が予想より悪い……」マルケス、セパンテストは“忍耐の時”
次の記事 「もっと速く走れるかと……」ドゥカティ乗るヨハン・ザルコ、初日は1.5秒差に

Top Comments

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本