MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days

マシンの着実な進歩に満足感も……ロッシ「マルケスにはプラスαがある」

シェア
コメント
マシンの着実な進歩に満足感も……ロッシ「マルケスにはプラスαがある」
執筆:
2019/03/31 5:32

バレンティーノ・ロッシは、4番グリッドを獲得したことには満足しつつ、現時点ではマルク・マルケスがレースの最有力候補だと考えているようだ。

 MotoGP第2戦アルゼンチンGPの予選で、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は4番手セカンドロウを確保した。しかしロッシは、レースでの有力候補はマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)だと考えているようだ。

「残念だけど、そう上手くは行かないだろう」

 開幕戦カタールGPで14番グリッドからスタートし、5位でフィニッシュしたロッシは、決勝への期待を尋ねられ、笑いながらそう答えた。

 しかしロッシは、アルゼンチンGP初日からのポジティブな動きと、最終的に4番グリッドを獲得するに至るまでの着実な進歩への満足感を隠そうとはしていなかった。

「初日から良いスタートが切れた。最初からマシンには良いフィーリングがあったし、セッティングも良かったんだ。今日もマシンを少し改善することが出来た」

「4番グリッドからのスタートだし、ポールポジションから0.2秒ほどしか離れていないから満足している。ラップタイムとレースペースでも良い位置に付けていると思う。少し電子制御に取り組む必要はあるけれどね」

 ロッシ曰く、カタールGPよりもアルゼンチンGPの方がよりマシンを快適に感じられているという。

「ここアルゼンチンでは、僕らのマシンは上手く機能しているようだ。レースでもトップグループに留まれることを願っているよ」

 また、ロッシは決勝ではタイヤ選択が非常に重要になると考えているようだ。

「タイヤ選択だけど、フロントはミディアムかハードを履けるだろう。リヤはミディアムとソフトをあわせられると思う。コンディションや温度がどうなるかを確認して決めなければならないだろう」

 一方で、問題が無さそうに見えるのがマルケスだとロッシは見ている。

「マルケスは他のライダーよりも少し余力があって、全てのタイヤセットで速い。だから彼は躊躇わずにタイヤを決められるはずだ。僕らは接近しているとは思うけど、それでも彼が優勝の最有力候補だ」

次の記事
予選自己ベストタイの中上貴晶、決勝に自信「マシンに“乗れている”」

前の記事

予選自己ベストタイの中上貴晶、決勝に自信「マシンに“乗れている”」

次の記事

ドゥカティ機の進化はホンモノか? ドヴィツィオーゾ「去年よりも速さがある」

ドゥカティ機の進化はホンモノか? ドヴィツィオーゾ「去年よりも速さがある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第2戦アルゼンチンGP
サブイベント Q2
ロケーション Autodromo Termas de Rio Hondo
ドライバー バレンティーノ ロッシ 発売中
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Matteo Nugnes