ロッシ「僕は10回目タイトルにも値したと思う」引退後は“アスリート生活”が恋しくなる?

2021年限りでの現役引退を発表したバレンティーノ・ロッシ。彼はタイトル獲得回数こそ“10回”に届かなかったが、本人はそれに値すると感じていると語った。

ロッシ「僕は10回目タイトルにも値したと思う」引退後は“アスリート生活”が恋しくなる?

 2021年8月5日、MotoGPスティリアGPの木曜記者会見で、バレンティーノ・ロッシは今シーズン限りでの現役引退を発表した。

 ロッシは26年に及ぶキャリアで、計9回世界タイトルを獲得し、通算勝利数は115をマーク。レジェンドと呼ぶにふさわしい、素晴らしい実績を残して引退する。

 彼は度々10目のタイトルが目標だと語ってきた。ただ今シーズンも苦戦が続いているため、10回目のタイトル獲得は非常に厳しいと言わざるを得ないが、彼はこれまでの戦いが10度目のタイトルに値するものだったと語った。

「選択について後悔は本当に無い」

 長年のキャリアに何か後悔は無いのかと訊かれたロッシは、そう答えた。

「たとえば(2011~12年の)ドゥカティに移籍して走っていたときは、とても厳しいものだった。だけど素晴らしいチャレンジだったよ」

「イタリア人ライダーがイタリア製バイクに乗るんだ。勝てていたなら、それは歴史的なことになっていただろう」

「10回目のタイトルを勝ち取れなかったことは、少し残念に思っている。でも僕自身のレベルや速さは、10回目のタイトルに値するものだったとも思っている。それに、僕は2回も最終戦でタイトルのチャンスを逃している(2006年と2015年)。だからタイトル10回にも値すると思っているけど、まあそういうことだ」

「とにかく、僕のキャリアの結果については不満は言えないと思う」

 またロッシはMotoGPライダーを辞めることで恋しく思うだろうモノは何かとも訊かれた。すると彼は“アスリートとしての生活”や、チームと働く環境が恋しくなるだろうと答えた。

「朝起きて、目標や勝利のためにトレーニングをするアスリートとしての生活が恋しくなるだろう」

「僕はこの生活が大好きなんだ。そしてMotoGPバイクに乗るのが一番恋しくなるだろう。サーキットをMotoGPバイクで走るのは、物凄く感動的なんだ」

「第二に、チームとの仕事だろうね。チームと火曜日から仕事を始めて、より強く、さらに強くなるために全ての詳細を詰めていくアレだ。トップレベルのエンジニア、チーフメカニック、データアナリスト……彼らとの仕事全てが恋しくなるだろう」

「それから日曜朝の感覚も恋しくなると思う。レーススタートの2時間前、怖くありつつも楽しみな、快適ではないあの感覚だ」

「こうした恋しさを埋めていくのは難しいだろうと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPスティリアFP2:アプリリアのサヴァドーリがトップタイムをマーク。中上、雨のFP2は17番手
前の記事

MotoGPスティリアFP2:アプリリアのサヴァドーリがトップタイムをマーク。中上、雨のFP2は17番手

次の記事

ペドロサのワイルドカード参戦をKTM喜ぶ「彼がレースをしたいと言ったことは大きな褒め言葉」

ペドロサのワイルドカード参戦をKTM喜ぶ「彼がレースをしたいと言ったことは大きな褒め言葉」
コメントを読み込む