MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

ビニャーレス、3グリッド降格処分。クアルタラロへの進路妨害が原因

シェア
コメント
ビニャーレス、3グリッド降格処分。クアルタラロへの進路妨害が原因
執筆:
協力: Oriol Puigdemont
2019/06/16 2:35

予選で3番手タイムを記録したマーベリック・ビニャーレスだが、クアルタラロのアタックを妨害したとされ、3グリッド降格のペナルティを受けた。

 ヤマハのマーベリック・ビニャーレスは、第7戦カタルニアGPの予選で3番手タイムを記録して終えた。しかし、予選Q2の最終盤にファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)の走りを妨げる走行を行ってしまい、3グリッド降格のペナルティを受けることになった。

 クアルタラロはビニャーレスの妨害を受けたことで、チェッカー後のラストラップでタイムを更新するチャンスをフイにしてしまった。

 しかしクアルタラロは、それ以前に記録していたラップタイムでも2番手のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)を上回っており、マルケスもラストアタックでミスがあり、タイムを縮めることは出来なかった。そのため、結果的にこの出来事によってクアルタラロがポールポジションを失うことはなかった。

 3グリッド降格のペナルティが公表される前に、ビニャーレスはプレスカンファレンスで次のように経緯を語った。

「なんと言えば分からないけど……チェッカーフラッグが振られたと思って、観客に向けてウイリーなんかをしたりして挨拶をしていたんだ。それで、(クアルタラロのことは)分かっていなかった」

「それからファビオに気がついたけど、遅すぎた。チェッカーフラッグを受けたと思っていたから、予想していなかったんだ。スクリーンもチェックしていなくて、こうなってしまった」

「もしラップタイムを見ていたとしても、彼らはベストラップで来ていたわけじゃなかったはずだ。確かに僕は間違いなくミスを犯した。それは事実だ。僕はチェッカーフラッグを受けたと思っていた。ただ、他の多くのライダーが他のトラックで(こうした)ミスをしている。だから僕にペナルティを科すなら、彼らは他のライダーにもペナルティを科すべきだと思う」

「普段、僕は予選で他のライダーの後追いをする事はない。常にプッシュしているんだ。ただ、僕はミスをしたというのは事実だよ」

 ビニャーレスはSNS上でクアルタラロに謝罪。そしてプレスカンファレンス後にはレースディレクションに招集され、間を置かずに評決が下された。

 結果的にビニャーレスには3グリッド降格のペナルティが下され、決勝レースは6番グリッドからのスタートとなった。また繰り上がりでフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハ)が3番グリッドへ昇格となった。

 

次の記事
「予想以上に厳しい1日だった」中上貴晶、Q1敗退もレースに向け準備を進める

前の記事

「予想以上に厳しい1日だった」中上貴晶、Q1敗退もレースに向け準備を進める

次の記事

ザルコ、WSBK移籍の噂は“バカげている”と批判「ホンダと話したことは無い」

ザルコ、WSBK移籍の噂は“バカげている”と批判「ホンダと話したことは無い」
コメントを読み込む