MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGPバレンシアテスト2日目:ビニャーレス首位、ヤマハがトップ3を占める

シェア
コメント
MotoGPバレンシアテスト2日目:ビニャーレス首位、ヤマハがトップ3を占める
執筆:
2019/11/21 6:22

バレンシアで行なわれたテスト2日目、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマークした。

 2019年のMotoGP最終戦バレンシアGPが終わり、2020年に向けた最初のテストが同地で開催。テスト2日目は、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスが1分29秒849を記録しトップとなった。

 セッション最初の1時間は動きがなかったが、その後ホンダのテストライダーであるステファン・ブラドルがコースイン。KTMのポル・エルパルガロ、ブラッド・ビンダー、イケル・レクオナ(テック3・KTM)の3人も続いた。

 しかし、ブラドルは2020年仕様のバイクにメカニカルトラブルが発生したことにより、バイクを止めざるを得なかった。このトラブルは後に、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)にも発生した。

 エスパルガロは2020年仕様のバイクで1分32秒080をマーク。その後、2019年仕様のバイクで走り出したマルケスが1分30秒950でそれを上回った。

 セッション開始2時間が経過するころ、ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリが1分30秒803でタイムシートのトップに立つ。ただ、30分後には2020年仕様のバイクに乗り換えたマルケスがそれを上回った。

 その後、アンドレア・イアンノーネ(アプリリア)のバイクから出火。ターン1周辺の路面にオイルが残ってしまったこともあり、セッションは赤旗中断となった。

 1分30秒664というマルケスのタイムは、ほぼ1時間タイムシートのトップにあったが、テスト初日に首位だったファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)がそれをわずかに上回ると、その約1時間後には1分30秒013を記録した。

 クアルタラロがトップのまま、セッションは残り70分に。ここでタイムを上げたビニャーレスは、ヤマハの新しいエンジンをテストしており、1分29秒849をマーク。このタイムは、週末に行なわれたバレンシアGPでのポールポジションタイムよりも速いものだった。

 結局、ビニャーレスのこのタイムがセッション最速に。クアルタラロが2番手、モルビデリが3番手と、ヤマハ勢がトップ3を占めた。一方、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は9番手だった。

 ホンダ勢トップはカル・クラッチロー(LCRホンダ)で4番手。クラッチローは新型の空力フェアリングを含め、現行バイクとプロトタイプとの比較を進めた。

 スズキのジョアン・ミル、アレックス・リンスがそれぞれ5、6番手となり、7番手のマルケスを上回った。

 ドゥカティ勢は、ジャック・ミラー(プラマック)の10番手が最上位。彼は新しいシートユニットなど、細かいパーツのテストを行なっていた。ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは11番手だった。一方、チームメイトのダニーロ・ペトルッチは、負傷した肩の影響でテスト初日をわずか10周で切り上げており、2日目の走行を行なわなかった。

 テスト直前にMotoGP昇格が決まったアレックス・マルケスは、テスト初日と同様、LCRホンダから2019年仕様のバイクでテストに参加。この日は計76周を走り込み、0.6秒ほど自己ベストタイムを更新する1分32秒235を記録し、20番手となった。

 同じくルーキーのブラッド・ビンダー(KTM)は、トップから2.5秒遅れの22番手。レクオナは15番手で、前日に続きルーキー最上位となった。

Read Also:

MotoGPバレンシアテスト2日目結果

Pos. # Rider Bike Time Gap Laps
1 12 Maverick Vinales Yamaha 1'29.849   67
2 20 Fabio Quartararo Yamaha 1'30.013 0.164 64
3 21 Franco Morbidelli Yamaha 1'30.114 0.265 52
4 35 Cal Crutchlow Honda 1'30.316 0.467 73
5 36 Joan Mir Suzuki 1'30.427 0.578 61
6 42 Alex Rins
Suzuki 1'30.503 0.654 57
7 93 Marc Marquez Honda 1'30.556 0.707 71
8 44 Pol Espargaro KTM 1'30.685 0.836 46
9 46 Valentino Rossi Yamaha 1'30.781 0.932 68
10 43 Jack Miller Ducati 1'30.854 1.005 59
11 4 Andrea Dovizioso Ducati 1'31.143 1.294 42
12 53 Tito Rabat Ducati 1'31.258 1.409 63
13 51 Michele Pirro Ducati 1'31.424 1.575 40
14 26 Dani Pedrosa KTM 1'31.470 1.621 48
15 27 Iker Lecuona KTM 1'31.515 1.666 57
16 41 Aleix Espargaro Aprilia 1'31.526 1.677 43
17 17 Karel Abraham Ducati 1'31.597 1.748 59
18 6 Stefan Bradl Honda 1'31.657 1.808 54
19 29 Andrea Iannone Aprilia 1'31.800 1.951 38
20 73 Alex Marquez Honda 1'32.235 2.386 79
21 38 Bradley Smith Aprilia 1'32.249 2.400 32
22 33 Brad Binder KTM 1'32.367 2.518 66
次の記事
兄マルケス、弟の初転倒に“一歩一歩”とアドバイス。だが自分の転倒には困惑

前の記事

兄マルケス、弟の初転倒に“一歩一歩”とアドバイス。だが自分の転倒には困惑

次の記事

MotoGPコラム:マルケス弟、“大注目”のMotoGPデビュー。2020シーズン早くもスタート

MotoGPコラム:マルケス弟、“大注目”のMotoGPデビュー。2020シーズン早くもスタート
コメントを読み込む