MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
4 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
11 days
R
チェコGP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
39 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
59 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
67 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
74 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
88 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
94 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
95 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
102 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
116 days
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
123 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

ヤマハを引っ張るのはクアルタラロじゃない!「ビニャーレスが”基準”」だと担当クルー

シェア
コメント
ヤマハを引っ張るのはクアルタラロじゃない!「ビニャーレスが”基準”」だと担当クルー
執筆:
協力: Germán Garcia Casanova
2019/12/27 7:57

マーベリック・ビニャーレス担当クルーチーフのエステバン・ガルシアは、ビニャーレスこそがヤマハを引っ張るライダーだと主張した。

 マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)のクルーチーフであるエステバン・ガルシアは、2019年シーズンのMotoGPでヤマハ陣営で唯一勝利を挙げたビニャーレスが、ヤマハにとってのベンチマークだと語った。

 2019年シーズンのMotoGPにおける大きなトピックが、ルーキーであるファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)の大活躍だ。クアルタラロは第4戦スペインGPで最年少ポールポジション獲得記録を更新し、その後も安定して上位を走行。表彰台を7度獲得し、ファクトリーチームのライダーの間に割って入るランキング5位でシーズンを終えた。

 しかしクアルタラロは、19戦12勝を挙げてチャンピオンに輝いたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)に何度も阻まれ、優勝できずにシーズンを終えた。ヤマハ陣営で唯一勝利を挙げたのが、ビニャーレスだ。オランダGPとマレーシアGPで勝利し、ランキング3位となっている。

 ガルシアに、クアルタラロはヤマハのライダーにとってのベンチマークになっていたのかと訊くと、彼は次のように答えた。

「今やクアルタラロが(ヤマハの)他のライダーを叩き起こし、速く走るように猛プッシュしていると誰もが言っている。私もそれについて何度も訊かれた」

「だが正直なところ、彼は”モーニングコール”ではなかった。私たち(ビニャーレスとのコンビ)がベンチマークだったんだ。私たちが最もレースに勝っているんだからね。私たちは自分たちの問題と、それをどうやって改善するかに集中していた」

「(バレンティーノ)ロッシや(フランコ)モルビデリ、クアルタラロのようなライダーが周りにいる場合、常に自分自身と比較をし、彼らの方が良いところを見つけようとするのは事実なんだ」

 2018年まで、ビニャーレスのクルーチーフはホルヘ・ロレンソを担当していたラモン・フォルカダが務めていたが、ライディングスタイルに対する意見の違いなどからふたりは対立。Moto3時代にビニャーレスと共に働いていた経験があるガルシアが新たなクルーチーフとなった。

 ヤマハのチームマネージャーであるリン・ジャービスは、ビニャーレスの”復活”にはクアルタラロの台頭によるモチベーションの増加よりも、クルーの体制変更が大きな役割を果たしたと考えている。

「昨年の冬、彼のクルーを変更した。マーベリックは落ち着いた雰囲気で、全員が自分のために働いてくれていると感じる必要があるライダーだ。それが、彼の結果が改善された主な理由だと思う」と、ジャービスは話した。

「以前はラモン・フォルカダという素晴らしいクルーチーフがいた。そしてウィルコ(ズィーレンベルグ)も彼のライダー・パフォーマンス・アナリストだった。どちらも偉大な人物であり、非常に有能だが、強固な団結力はなかった。そうした変化が、刺激となったんだろう」

「シーズン序盤、マーベリックがいくつかのことに苦労していた時期に、クアルタラロが彼の前を走っていた。それがフラストレーションとなり、マーベリックの原動力となったのも事実だと思う」

「時々、マーベリックは『それは許せない。自分がヤマハ最速のライダーである必要がある』と、走りで主張していた。だから、それ(クアルタラロの存在)も彼を奮起させていた。だが、主な要因ではないんだ」

 一方でガルシアは、シーズン開幕からビニャーレスの根本的なペースが良いことは分かっていたため、クアルタラロの活躍がビニャーレスのモチベーションに影響することはなかったと主張した。

「開幕戦ではポールポジションを獲得したが、クアルタラロはまだそこにいなかった。第2戦のアルゼンチンでは優勝争いができるペースがあったが、レースで問題が発生し、最終ラップに(モルビデリとクラッシュし)押し出されてしまった」

「(第3戦)オースティンでは、ライドスルー(ジャンプスタートのペナルティ)がなければ、優勝を争うことができただろう。優勝したライダー(スズキのアレックス・リンス)よりも速かったんだ。それからマーベリックが好きではないヘレス(第4戦スペインGP)に向かったが、それでも表彰台を獲得できたんだ」

「それ以降はスタートでの出遅れという問題を修正し始めた。(第5戦)ル・マンでは難しいコンディションの予選Q2で苦労し、レースではリカバリー中に押し出されてしまった。第6戦のバルセロナでも多重クラッシュに巻き込まれてしまったが、アッセンで勝つことができた」

「私たちはかなり不運だったし、うまくスタートできていなかったから、それまでポテンシャルが発揮できていなかったんだ」

Additional reporting by Lin Jarvis

Read Also:

次の記事
現役続行か、引退か。ロッシのMotoGPキャリアは”2020年序盤”の結果次第

前の記事

現役続行か、引退か。ロッシのMotoGPキャリアは”2020年序盤”の結果次第

次の記事

ペトルッチ、成績低迷は“単なる偶然”? 契約延長後表彰台ナシも首脳陣は擁護

ペトルッチ、成績低迷は“単なる偶然”? 契約延長後表彰台ナシも首脳陣は擁護
コメントを読み込む