苦戦続くビニャーレス、クルーチーフが交代へ。元ロッシ担当のベテランとコンビ

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスは、第7戦カタルニアGPからクルーチーフに変更が発生。かつてバレンティーノ・ロッシのクルーチーフだったシルヴァーノ・ガルブゼラがその任に就くことになった。

苦戦続くビニャーレス、クルーチーフが交代へ。元ロッシ担当のベテランとコンビ

 ヤマハのマーベリック・ビニャーレスは第7戦カタルニアGPで、クルーチーフの変更が発生。かつてバレンティーノ・ロッシのクルーチーフも務めたシルヴァーノ・ガルブゼラと組むことになった。

 ビニャーレスのクルーチーフ変更はこれで2回目。彼は2019年にクルーチーフをラモン・フォルカダ(元ホルヘ・ロレンソのクルーチーフ)から、旧知の仲であるエステバン・ガルシアへと変更していた。

Read Also:

 このクルーチーフ変更は当初、ビニャーレスのアプローチに落ち着きを与えるポジティブな変化だと評価されていた。ただ2021年シーズンは開幕戦優勝以降、表彰台に登れていないなど、苦戦が続いていた。

 新たにクルーチーフとなるガルブゼラは、2014〜2019年にかけてロッシのクルーチーフを務めていた人物で、近年はテストライダーのカル・クラッチローとの仕事を担当していた。

 今回のクルーチーフ変更に関しては“両者合意の決定”とされ詳細は明かされていない。ただビニャーレスによるとこれはヤマハ側からの働きかけだったようだ。

 ヤマハのチームディレクターであるマッシモ・メレガリは今回の人事に関し、次のようにコメントしている。

「エステバンは2019年に加わったが、彼とマーベリックは2013年には既に共に仕事をしており、Moto3ではタイトルを獲得してきた」

「我々はマーベリックに4勝、2位3回、3位を4回と計11回の表彰台をもたらしてくれたエステバンの献身や情熱に、非常に感謝している」

「クルーのひとりにお別れを言うのは常に悲しいことだが、これは何が最善かということに基づいた両者合意の決定だ。エステバンの今後の活躍を祈っている」

 ビニャーレスは2021年シーズン、開幕戦での優勝の後は表彰台を獲得できていない。一方チームメイトのファビオ・クアルタラロは既に3勝を挙げ、ビニャーレスに41ポイント差を付けてランキング首位に立っている。

 

Read Also:

シェア
コメント
アレックス・リンス、自転車トレーニング中の骨折でカタルニアGPを欠場。代役はナシ
前の記事

アレックス・リンス、自転車トレーニング中の骨折でカタルニアGPを欠場。代役はナシ

次の記事

ビニャーレス、クルーチーフ変更で“最大ポテンシャル”発揮へ? 交代はヤマハの要望か

ビニャーレス、クルーチーフ変更で“最大ポテンシャル”発揮へ? 交代はヤマハの要望か
コメントを読み込む