マーベリック・ビニャーレス、アメリカズGPを欠場。レース中の事故でいとこを亡くしたばかり……

アプリリアのMotoGPライダーであるマーベリック・ビニャーレスは、レース中の事故で従兄弟であるディーン・ベルタ・ビニャーレスが亡くなったことを受けて、アメリカズGPを欠場することになった。

マーベリック・ビニャーレス、アメリカズGPを欠場。レース中の事故でいとこを亡くしたばかり……

 アプリリアのマーベリック・ビニャーレスは、従兄弟であるディーン・ベルタ・ビニャーレスがワールド・スーパースポーツ300のレース中の事故によりこの世を去って間もないことから、MotoGP第15戦アメリカズGPを欠場することを決めた。

 多重クラッシュに巻き込まれ、15歳で亡くなってしまったベルタ・ビニャーレス。彼はマーベリック・ビニャーレスの父であるアンヘルが設立したチーム『ビニャーレス・レーシングチーム』に所属していた。

 アプリリアの発表によると、従兄弟の死から1週間も経っていないことから、ビニャーレスはアメリカズGPを戦うために必要な、落ち着きを取り戻していないという。

 その上でアプリリアは「ビニャーレスの決定を無条件にサポートする」としている。

 チームが発表した声明には、次のように書かれている。

「マーベリック・ビニャーレスは、今週末にテキサス州オースティンのサーキットで開催されるアメリカズGPのスターティンググリッドには参加しない」

「マーベリックのいとこであるディーン・ベルタ・ビニャーレスの事故から1週間も経過しておらず、レースに必要な落ち着きを取り戻すには十分な時間ではない」

「アプリリア・レーシングの全面的かつ無条件のサポートを受けたマーベリックは、アプリリアのマシンとチームを知るため、旅を休むことにした」

「アプリリア・レーシングのファミリー全員がこの決断を支持し、マーベリックと彼の愛する人たちに寄り添っている」

「一緒に始めた有望な旅を再開するには、他に適した時期、ラウンドがあるだろう。その旅は、関係者とその気持ちを完全に尊重したものでなければならない」

Read Also:

Dean Berta Vinales, RIP

Dean Berta Vinales, RIP

Photo by: Dorna

 現段階では、ビニャーレスがいつ復帰するかは不明だ。ビニャーレスにとって、今週末のアメリカズGPは、8月にヤマハを突然離脱し、アラゴンGPでアプリリアに加入した後、アプリリアでの3回目の公式戦出場となる予定だった。

 彼は前戦サンマリノGPで予選10番手、決勝13位でポイントを獲得しており、アプリリアのバイク『RS-GP』への適応に手応えを感じていた。

 今年は、5月にムジェロでMoto3ライダーのジェイソン・デュパスキエが19歳で亡くなった他、7月にアラゴンで開催されたヨーロピアン・タレント・カップのレース中に14歳のヒューゴ・ミランがクラッシュで亡くなっており、国際的なモーターサイクルレースのイベント中に10代の若者が亡くなったのはベルタ・ビニャーレスで3人目となってしまった。

 なおアプリリアはアメリカズGPでビニャーレスの代わりに、テストライダーのロレンソ・サヴァドーリを起用するかどうか、明らかにしていない。

Read Also:

シェア
コメント
250cc王者の青山博一、MotoEでチーム立ち上げを検討中「アジアの若手ライダーが世界で戦う場を作りたい」

前の記事

250cc王者の青山博一、MotoEでチーム立ち上げを検討中「アジアの若手ライダーが世界で戦う場を作りたい」

次の記事

アレックス・リンス「ドゥカティはスズキの“5歩先”を進んでいる」

アレックス・リンス「ドゥカティはスズキの“5歩先”を進んでいる」
コメントを読み込む