ヤマハ、2021年に向けた体制発表を実施。クアルタラロ&ビニャーレスで王座奪還へ

ヤマハはMotoGP2021年シーズンに向けたチームローンチイベントを実施。今年は新たにファクトリーチームへ加入したファビオ・クアルタラロが、マーベリック・ビニャーレスとコンビを組む。

ヤマハ、2021年に向けた体制発表を実施。クアルタラロ&ビニャーレスで王座奪還へ

 MotoGP2021年シーズンの開幕を3月末に控え、各参戦メーカーは続々とチームローンチイベントを実施。2月15日にはヤマハファクトリーチームが2021年のマシンカラーをお披露目した。

 今季、ヤマハはライダーラインアップを一部変更。マーベリック・ビニャーレスを継続起用する一方で、長年ファクトリーチームに在籍してきたバレンティーノ・ロッシがチームを離れ、その後任としてファビオ・クアルタラロがペトロナス・ヤマハSRTから昇格した。

 ヤマハが公開した2021年型YZR-M1は、モンスターエナジーがメインスポンサーを継続していることもありカラーリングは昨年から殆ど変わっていない。なお今季は新型コロナウイルスの影響を受けレギュレーションが改定されたため、エンジン開発や空力開発には制限がかかっている。

 昨年、ヤマハはビニャーレスが1勝をマーク。サテライトチームのペトロナス・ヤマハSRTはフランコ・モルビデリとクアルタラロがぞれぞれ3勝ずつを記録し、全14戦中半分となる7戦をヤマハ勢が勝ち取った。ライダーズランキングではモルビデリが2位、ビニャーレスが6位、クアルタラロが8位を記録している。

 またヤマハは昨シーズン中盤にエンジンのホモロゲーションに関する違反があったことが判明。最終的にコンストラクターズポイント50点の剥奪が決定し、ランキングではドゥカティに王座を譲る2位に留まった。

 なおテストライダーには、昨年限りで現役を引退したカル・クラッチローが就任することが決定している。

 

Read Also:

シェア
コメント
回復に努めるマルク・マルケス、肉体状況を公開。患部の右腕と左腕で顕著な差

前の記事

回復に努めるマルク・マルケス、肉体状況を公開。患部の右腕と左腕で顕著な差

次の記事

ヤマハ、2026年末までMotoGP参戦契約を更新。来季以降のサテライトチームにも言及

ヤマハ、2026年末までMotoGP参戦契約を更新。来季以降のサテライトチームにも言及
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ファビオ クアルタラロ , マーベリック ビニャーレス
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Lewis Duncan