ヤマハ&ペトロナスSRT、“ロッシ後任”探しをスタート。Moto2新星のフェルナンデス引き抜き狙う?

ペトロナス・ヤマハSRTは2022年シーズンのライダーに関して、既にバレンティーノ・ロッシの後任となる候補者を探し始めていることが調べで分かった。

ヤマハ&ペトロナスSRT、“ロッシ後任”探しをスタート。Moto2新星のフェルナンデス引き抜き狙う?

 MotoGPの現役最年長、9度の世界タイトル獲得経験を持つ“生きる伝説”バレンティーノ・ロッシ。彼は2021年シーズンにヤマハファクトリーチームから、サテライトのペトロナス・ヤマハSRTへと移籍した。

 ロッシは2022年も現役を続ける意向があるものの、契約延長には成績を残すことが必須とされている。しかも今シーズンはキャリア最悪とも言える苦戦具合が続いており、6戦を終えて獲得ポイントはわずか15に留まっている。

 ヤマハとの契約延長に向けては、満たすべきパフォーマンス基準が設定されていることが既に判明しているが、ロッシの今季のベストリザルトは第6戦イタリアGPでの10位と、厳しいものになっている。

 彼の2022年シーズンに関しては、SRT側もロッシ側も口をつぐんだままだ。しかしmotorsport.comの調べでは既に後任候補となるライダーのリストアップが進められていることが分かった。

 なおSRTとスポンサーであるペトロナスの提携も今季が契約の切れ目となっているが、こちらは関係を継続することになりそうだ。また現在チームに所属しているフランコ・モルビデリは来季も残留し、最新型のマシンを走らせることになるという。

Read Also:

「僕が来年乗るバイクについてはまだ分からない。だけど僕はペトロナスで走るつもりだ」

 motorsport.comのインタビューにモルビデリはそう語っている。

 情報筋によると、モルビデリが現在結んでいるSRTとの2022年までの契約は、ファクトリーチームからのオファーがあった場合には、移籍を可能とする条項が含まれている。ただこれは現在のところ行使されていない。

 そして“ロッシ後任”となる候補者だが、SRTに近い情報源によるとMoto2でセンセーショナルな活躍を見せるルーキーのラウル・フェルナンデスが最有力候補に持ち上がっているという。

 ただこの情報源は「最初の選択肢はラウル・フェルナンデスだ。しかし彼を連れてくるというのは、ほぼ不可能なミッションだ」とも語っている。

 フェルナンデスはKTMとの関係が深く、今季もMoto2にはKTMから参戦している。またKTMは有力ライダーを逃すことを防ぐために、契約に違約金条項を含ませているようだ。

 ただSRT代表のラズラン・ラザリとヤマハマネージングディレクターのリン・ジャービスは、カタルニアGPの週末にフェルナンデスに近い人物と接触し、2022年にSRTへ引き抜く可能性について話し合ったことが分かっている。

 その他には、同じくMoto2クラスに参戦するジョー・ロバーツや、Moto2のPetronas Sprinta Racingからジャビ・ビエルヘを昇格させる案などが存在するという。

 

Read Also:

シェア
コメント
「バイクは2020年から改善されていない」王者ジョアン・ミル、苦しい状況に不満
前の記事

「バイクは2020年から改善されていない」王者ジョアン・ミル、苦しい状況に不満

次の記事

Moto3カタルニア決勝:ガルシア混戦制し2勝目。日本勢トップは9位鳥羽海渡に

Moto3カタルニア決勝:ガルシア混戦制し2勝目。日本勢トップは9位鳥羽海渡に
コメントを読み込む