ヤマハ、MotoGPオーストリアGPでマーベリック・ビニャーレス欠場を決定。マシン操作に重大な疑義?

MotoGPに参戦するヤマハは、マーベリック・ビニャーレスが第11戦オーストリアGPを欠場することを発表した。

ヤマハ、MotoGPオーストリアGPでマーベリック・ビニャーレス欠場を決定。マシン操作に重大な疑義?

 MotoGP第11戦オーストリアGP開催が目前に迫った8月12日、ヤマハはマーベリック・ビニャーレスがオーストリアGPを欠場すると発表した。

 ヤマハの発表では、今回のビニャーレスの欠場は前戦スティリアGPでビニャーレスによって“バイクの原因不明のイレギュラーな操作”があったからだという。

 ビニャーレスはスティリアGP決勝をピットレーンに入ってフィニッシュしたが、彼は電子機器のトラブルによってダッシュボードに“ピットレーン”とメッセージが表示されたためだと主張していた。

 しかしヤマハによると、今回の決定はデータ分析に基づいたもので、ビニャーレスの行為がエンジンを傷つける可能性があったと結論づけており、それによってビニャーレス自身や周囲の人々に深刻なリスクをもたらす可能性があったとしている。

 その結果オーストリアGPにはビニャーレスは出場しないことになったが、代役を立てることはせず、今後のレースに関してはチーム内でさらなる話し合いを行なうことになっているという。

 ヤマハの声明には以下のように記されている。

「ヤマハは、今週末に開催されるMotoGPオーストリアGPにおけるマーベリック・ビニャーレスのエントリーを、モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPチームによって取り下げられたことを発表することについて、残念に思う」

「この欠場は、先週行われたスティリアGPのレースを、ライダーがバイクを原因不明のイレギュラーな操作によって中断したことを受けてのものだ」

「ヤマハの決定は、ここ数日間のテレメトリーとデータの深い分析に基づいている」

「ヤマハの結論は、ライダーの行為が彼のYZR-M1のエンジンに大きなダメージを与え、彼自身に対する大きなリスク、そして周囲のライダー全てに危険を及ぼす可能性があった、という物だ」

「当該ライダーについて、オーストリアGPでの交代はない」

「今後のレースに関する決定は、詳細をより分析し、ライダーとヤマハの間でさらなる話し合いを実施した後に行なわれる」

 

Read Also:

シェア
コメント
マルティン勝利の影に、ドゥカティのたゆまぬ技術開発。今度のターゲットは“ホイールリム”

前の記事

マルティン勝利の影に、ドゥカティのたゆまぬ技術開発。今度のターゲットは“ホイールリム”

次の記事

ペトロナス、今季限りでSRTのタイトルスポンサー降板を発表。SRTのMoto2&Moto3チームは廃止へ

ペトロナス、今季限りでSRTのタイトルスポンサー降板を発表。SRTのMoto2&Moto3チームは廃止へ
コメントを読み込む