ロッシが駆る“最後の”ファクトリーチームのマシン……ヤマハ、2020年仕様YZR-M1を披露

シェア
コメント
ロッシが駆る“最後の”ファクトリーチームのマシン……ヤマハ、2020年仕様YZR-M1を披露
執筆:
2020/02/06 11:37

ヤマハは2020年のチーム体制発表を行ない、YZR-M1の2020年型のマシンカラーリングを公開した。

 MotoGPに参戦するヤマハは、27日からセパン・サーキットで行なわれるプレシーズンテストに先駆けてチーム体制の発表会を行ない、2020年のマシンカラーリングを公開した。

Read Also:

 2020年のライダーラインアップは昨年と変わらずマーベリック・ビニャーレスとバレンティーノ・ロッシのふたりだ。マシンカラーリングも昨年に引き続きモンスターエナジーのロゴを大きくあしらったものとなっており、顕著な変更は無かった。

 今回の発表より前となる1月末に、ヤマハは2021年以降のライダーラインアップについて発表を行なっている。ビニャーレスと2年間の契約延長に合意。更に2019年にMotoGPデビューを果たし、類まれな速さを示したファビオ・クアルタラロと契約を結んだのだ。

 そのためロッシは、2020年シーズンが始まる前にもかかわらず、今年限りでファクトリーチームからの離脱が決定している状況でレースを戦うことになった。彼は現役続行か引退かをレースでのパフォーマンスを通じて決定するとしており、もし現役続行を決意した場合にはペトロナス・ヤマハSRTへの移籍が選択肢となると見られている。

 またヤマハは今年から、2019年限りで現役を引退したホルヘ・ロレンソをテストライダーとして起用。ロレンソは既にシェイクダウンテストで、ヤマハ・YZR-M1のライディングを行なっている。

 過去数シーズンは苦戦が続いているヤマハ。2020年はタイトルに挑めるだけの競争力を示すことができるか、またロッシのファクトリーチームでの最後のシーズンということもあり、彼らのパフォーマンスにはいっそうの注目が集まりそうだ。

Read Also:

次の記事
ペトロナス・ヤマハSRT、MotoGP2年目のカラー公開。“快進撃”継続なるか

前の記事

ペトロナス・ヤマハSRT、MotoGP2年目のカラー公開。“快進撃”継続なるか

次の記事

「速いライダーが必要だった」ロッシ、ロレンソの起用をヤマハに猛プッシュ

「速いライダーが必要だった」ロッシ、ロレンソの起用をヤマハに猛プッシュ
コメントを読み込む