ドヴィツィオーゾ、ヤマハ復活には懐疑的も脅威のポテンシャル警戒

シェア
コメント
ドヴィツィオーゾ、ヤマハ復活には懐疑的も脅威のポテンシャル警戒
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/11/02 6:36

ドヴィツィオーゾは、オーストラリアGPで優勝を果たしたヤマハの完全復活はまだ先だと考えているが、高速コーナーでの速さは警戒しているようだ。

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、オーストラリアGPで今季初優勝を果たしたヤマハの復活は部分的だと考えられるものの、高速コーナーでのポテンシャルは脅威的だと語った。

 今年のヤマハは苦しいシーズンを送っており、目立った成績を残せていなかった。しかし先週末のオーストラリアGPでマーベリック・ビニャーレスがついに今季初優勝。ヤマハのMotoGP連続未勝利記録は25でストップした。

 一方、ドヴィツィオーゾは、オーストラリアGPをアンドレア・イアンノーネ(スズキ)に次ぐ3位で終えた。

 レースを6位で終えたバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)とバトルを繰り広げたドヴィツィオーゾは、ヤマハについてエンジンや電子制御面での弱点は残っており、本格的に調子を取り戻した可能性は低いとしながらも、高速コーナーでの強みは残っていると主張した。

「ヤマハがそれほど良い状態だとは思っていない。バレンティーノが終盤ペースを落としたことが、それを実証している」とドヴィツィオーゾは語った。

「同じことがマーベリックにも起こったが、それほど深刻ではなかった」

「ロッシが見えてきた時、彼がトラブルに見舞われたのだと思った。もし彼がレース序盤に走っていた2番手をキープできるのなら、ほとんどのライダーを倒すことができると確信していたからだ」

「単純にオーストラリアのレースはヤマハのシャシーが脅威的なレベルであり、高速コーナーがとても速く走れたということだ。だがそれ以外に、彼らが速くない面もあった」

「しかし、特にマーベリックにとっては重要な結果だったし、良い影響も出てくるだろう。彼はこの結果を欲していた」

 今週末のマレーシアGPは、伝統的にドゥカティが得意とするコースだが、ドヴィツィオーゾはまだポイントランキング2位の座を固めたとは思っておらず、今季未勝利ながらランキング3位につけているロッシを脅威とみなしているようだ。ドヴィツィオーゾとロッシのポイント差は15となっている。

「少し離すことができたけど、ひとつのミスでガラッと変わってしまうこともある」

「(マレーシアで)レースに勝つことができるかもしれないが、もしクラッシュでもしたら、彼(ロッシ)がチャンピオンシップで僕を追い抜くことができる。集中し続けなければならない。(セパンは)彼にとっても得意なコースだ」

「今回(フィリップアイランド)は、彼にとって最も期待できるトラックだったと思うので、彼の前でシーズンを終えるという目標に対しては追い風だ。でもまだ争いが終わったわけではない。重要なのは、マレーシアで良い結果を出すことだ」

次の記事
スズキのピットで火災発生。リンスのマシンに大ダメージなし

前の記事

スズキのピットで火災発生。リンスのマシンに大ダメージなし

次の記事

マレーシアGP初日:スズキのリンスが総合トップ。中上貴晶は11番手

マレーシアGP初日:スズキのリンスが総合トップ。中上貴晶は11番手
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ 発売中
チーム Ducati Team 発売中 , Yamaha Factory Racing
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース